HOME   »  情報:中国
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
広東省省政府が「五毛党」(ネット水軍)の組織化を決定。
ネット時代の世論乱戦状況に情報のコントロールはより厳重に。


2月20日に開催された広東省総工会第十二届五次会合において、
広東省副書記の朱明国が報告し、あらまし次のように述べた。
 
「現在、中国のネチズンは5億1300万人<2011年末統計>、
ネット世論が集中する『微博』には
3億人の閲覧者(投稿を含めて)がいる。
たしかに鳥炊村騒動による腐敗浄化事件では内外に好印象を与えたが、
世論は時として政府の対応より迅速なため、
政府の政策決定の前に大きな世論が形成され、
事態が別の方向へ流れてしまう」

この朱明国副書記の発言は
前日(2月19日)に北京で開かれた中央紀律委員会で
賀国強(政治局常務委員)が
「言論の自由の行き過ぎは危機の信号」という演説を踏まえたもので、
対策として広東省は「五毛党」の創出を主張した。

要するに「ネット時代に庶民が『新聞記者』でもあり、
『オピニオンリーダー』にもなりえると
政府の政策が後手後手となり、不講、乱講がおこるからだ」
(朱演説――多維新聞網、2月24日より重引)。
「不講」とは沈黙、「乱講」とは大いなる論戦の意味だろう。

対策として、既存のネット監視部隊に加え、
新たに一万人規模の「ネット水軍」を四部隊ほど編成し、
ネット監視と世論の誘導を行うとするのが目的で、
率直に言えば時代の進歩に逆行する時代錯誤的措置である
(なぜ『水軍』なのかは不明。
電気、電子戦争に水をかけて対応するニュアンスがあるが)。

従来「五毛幇」といわれる第五列的存在があり、
警察OB、軍人OBらがネットに誘導的メッセージを送ったり、
書き込みを消すか、それを上回る量の政府系意見を投稿したりする。
ショートメッセージ1通につき、報酬が五毛(7円)とされ、
一般的に政府の走狗となるネット投稿者を「五毛幇」と呼んだ。


http://melma.com/backnumber_45206_5499469/


米国共和党議員がヒラリー国務長官に公開質問状。
「米国は人権重視を謳いながら、
なぜ王立軍の亡命を受け入れなかったのか?」


まさに「校兎死して走狗煮らる」。
獲物の兎がなくなれば、つぎは立役者の猟犬が煮て喰われる。
王立軍は薄き来にとって煙いばかりか邪魔になっていたようで、
王立軍は粛正される気配を感じ取っていた。

薄き来の右腕だった王立軍の「米国亡命未遂事件」は、
その後も尾を引いている。
おりから習近平副主席が訪米し、
アイオア州の嘗てのホームスティ先の農家に立ち寄るなどの演出、
(米国から大豆をたくさん輸入しますよ)に
米国のマスコミは穏和な報道を展開したが、
ワシントンでアイオア州で、街路の向こう側の道路をふさいだのは
「人権」「政治的自由」を訴えるチベット人団体、宗教団体、
そして民主活動家のグループだった。

習近平の講演はワシントンでなされたが、僅か二十分、
しかも中味の冗漫さもさりながら、
この次期指導者はじつに口下手、講演下手、個性の希薄さを、
逆に印象づけてしまったようだ。

さて同時期、
共和党外交委員会に所属するイレアナ・ロスレチナン議員は
ヒラリー国務長官に書簡をおくり、
「王立軍が成都の米領事館を訪問したとき、誰が面会し、
どのような会話があったのか、明らかにするべきではないか。
王は幾多の機密情報、とくに中国の権力中枢内美の
権力闘争に関して情報をもたらしたとされるが、
それらの情報を公開するべきである」とした。

そのうえで同議員は、
「米国はなぜ王立軍の米国亡命を受け入れなかったのか。
その後、王は北京へ連れて行かれたまま消息が不明となったが、
これは人権を尊重する米国の基本方針に抵触する。
これは習近平訪米前に事を荒立てまいとした打算からか」と
詰問調の公開質問となった。

ワシントンタイムズのビル・ガーツ記者は、
今回の事件を「王立軍の叛逆」と定義し、
「CIAは多大な中国の闇の億に広がる『神秘な情報』を
獲得出来たはずだ」とした。
 
米国務省のビクトリア・ヌーランド報道官が言ったような、
「王立軍は自分で選択して、あるいて領事館の外へ出た」という、
公式見解も怪しいとするのが、
ワシントンタイムズや共和党保守派の位置づけのようである。

現在までに判明した事実は
「成都の米総領事館に王立軍は2月6日午後十時、変装して入館し、
総領事のピーター・ヘイモンドが面会したこと。
王はボスだった薄き来の腐敗ぶりと
新マフィアとの繋がりなどの機密を語ったこと。
そしてヘイモンド総領事は北京の米国大使ゲイリー・ロック、
(中国系アメリカ人、前商務長官だが北京語ができない)に情報をあげ、
大使はワシントンの国務省高官からオバマ大統領補佐官にまで決済を仰ぎ、
このルート間では激烈な討論があったことなどが判明している」
(多維新聞網、2月17日)


http://melma.com/backnumber_45206_5494029/


習近平にまことに強い味方が人民解放軍のなかで浮上してきた。
軍をおさえるのは劉少奇の息子、劉源。
習近平の幼なじみで太子党。


現在、中国人民解放軍は
胡錦涛が形式上のトップで軍事委員会主任だが、
副主任は習近平。
彼の妻である澎麗媛は軍の音楽隊を率いる歌姫、軍の位は少将。
したがって軍内のおける習の人気は胡錦涛をしのぐ勢いがある。

現在、軍を事実上おさえているのは
国防部長の梁光烈と参謀総長の陳丙徳、
くわえて政治部主任の李継耐である。
いずれも位は大将(中国語は上将)、かなりの強硬派揃いとはいえ、
イデオロギー的に反米でも反日でもなく、
軍のテクノクラートと言って良い。
すでに軍の実力者だった王震も劉華清もなく、
いや朝鮮戦争に従軍経験がある軍人もいなくなり、
理論派の熊光偕らは現役から退いた。

かつて海軍ナンバー2として威勢を振るった、
王守業の失脚(汚職摘発)以後、
海軍で台頭してきた谷俊山(解放軍後勤部副部長)が
2012年1月初旬、これまた汚職追及によって突如、失脚した
(香港誌『開放』弐月号、2012年2月10日発売)。

これにより人民解放軍内で「次のホープ」として
俄に注目を集めるのが、劉少奇の息子、劉源である。

劉源はもちろん親の七光りをうけた太子党だが、
過激でもなく目立つ行動もなく、控えめでじっと軍のなかに耐えた。
あまつさえ、劉源は太子党であるため同じ幼稚園、同じ学校に通い、
毎日遊んだ幼なじみのなかに習近平がいた。
 
つまり次期総書記、軍主任に就任することが確実の習近平は
軍を掌握するに格好の友を得たことになるのである。


http://melma.com/backnumber_45206_5491235/



誰が王立軍(重慶市副市長)の米国領事館接触を北京に通報したか?
薄き来は、常務委員会入りを諦めたのか? 王洋が巻き返したのか?


王立軍の失脚がおおきな政治問題入りしたことは先週までに伝えたが、
政治的に追い詰められた王立軍が重慶からとなりの成都へ飛んで、
米国領事館へこっそりとはいり、
そこに長い時間、滞在したあげく周囲に説得され、
自ら領事館のそとへでたことが、その後、明らかになった。

亡命を申請したが習近平訪米前のタイミングでもあり、
米国が拒否したという報道もあるが、真偽のほどはだれも分からない。

その後、王立軍は「長期休暇」にはいったが、これは異例の措置。
そもそも権力闘争の舞台中枢にある人間が、
ちょっと休みがとれるほど「中国三国志」の世界は現在でもヤワではない。
明らかに「失脚」と解釈出来る。

さて問題は、
誰が、王立軍が米国領事館へ「相談にいった」ことを
北京中枢に通報したのかである。

博聞新聞網(2月13日)は、
米国大使館が北京の外交部へ連絡したのが最初で、
これが外交部から権力中枢、常務委員会法紀委員会へとリレーで連絡され、
ついで九人の常務委員秘書へそれぞれ通知されたという。
中央政治局の常務委員会政法関係の責任者は周永康(江沢民派)であり、
周は江沢民にも伝えたという。

さらに同紙は奇妙な薄き来の動きを伝える。
 
薄は黄奇帆(重慶市長)に連絡を取って、
成都の米国領事館へ警備を急派するよう要請し、
自らも代理人を急遽、成都へおくりこんだ。
彼らは領事館内で王と話し合ったそうな。
一部の報道にあったように、もし、これが本当であるとすれば、
薄と右腕の王立軍とは、すでに対立関係に陥っていたことを示す。


▼「蒋介石と杜月笙」&「薄き来と王立軍」

一部のネットには「蒋介石と杜月笙のように、
薄き来と王立軍の関係は似ている」と説く者が現れた。
杜月笙は蒋介石黄金時代、上海のマフィアの親玉にして、
テロリストの黒幕、そして蒋介石の右腕だった。
杜月笙も乱暴に金を稼ぐうえ腐敗も激しく、
蒋介石につぐほどの財宝を隠匿した。

いまも上海へいくと、杜の第二夫人、第三夫人の大妾宅が一等地にあって
豪華ホテルにばけていたり、豪華レストランになっていて、
壮大な庭園をみただけでも、どれほどの蓄財をなしたかが偲ばれる。
杜に比べれば、王立軍がたとい不正蓄財をしていたにせよ
可愛い程度のものだろう。

さて最大のポイントは王立軍ではない。
次期政治局常務委員を狙っていた、
薄き来の政治生命が絶たれるかどうか、である。

古くは江沢民が政敵=陳希同を葬った折も、
副官だった王実森北京副市長は「自殺」した。
陳希同は北京市書記にして古参幹部、
上海からいきなり二段階特進でやってきた江沢民をバカにして、
ことごとく彼に嫌がらせをした。

江沢民の右腕だった曽慶紅はトウ小平とはかり、
北京の銀座と呼ばれるワンフーチン(王府井)開発で
香港財閥に便宜を図り賄賂を取ったとして逮捕し、懲役十六年、
陳は刑期の終わった今でも内蒙古省の監獄に閉じこめられたまま。
江沢民がまだ生きているからである。

これはプーチン最大の政敵だったホドロコフスキーを
でっち上げの脱税容疑で逮捕し、刑務所にぶち込んで、
この間に彼の経営した大手石油メジャー「ユコス」を
横取りしたという権力闘争と酷似する。
 
ユコスは解体され、KGB人脈(つまりクレムリン主流派)が
急遽組織した新メジャー「ロフネフツ」傘下に吸収された。

胡錦涛の政敵だった陳良宇(上海市書記)失脚は、
頭でっかちで政治力のない共青団が、
当時の権力中枢を牛耳った上海派の鼻をあかせたが、
同時にばらばらだった上海派の利権グループを再度、結束させてしまい、
下馬評にもなかった太子党のダークホース習近平が浮かび上がって、
いつしか胡錦涛の頼みの綱=李克強の上を歩み、
いまや次期総書記は間違いないという座を得た。


▼二転三転、逆転逆逆転の権力闘争

つまり三国志演義にも類型のドラマが見られるように、
いま勝利組が明日も勝利しつづけているドラマは中国では成立しにくく、
往々にして逆転劇がおこる。
しかけたほうが、ほくそ笑んだ直後に、
仕掛けられた次の謀略が幕を開く。

陳失脚後、おとなしくなったと思いきや、
江沢民は自派から次期後継を捜し出して党内合意を瞬く間に形成し、
習近平をポストに就かせることで陳失脚劇を幕引きしたのだ。

その後、江沢民病死説が流れても、
胡錦涛派が李克強の巻き返しに動かず、静観した。
辛亥革命百周年の式典に江沢民が現れ、
その院政の影響力を誇示して見せたが、共青団は騒がず、
しかし広東省の王洋書記と
組織を司る李源潮の次期執行部入りを黙々とオルグしていた。
つまり彼らの力の限界をみせた。
この間にひとり気を吐いたのが
「唱紅打黒」を唱えた重慶の暴れん坊、薄き来だった。

このタイミングで太子党の合意は、
たとえ太子堂のプリンスのひとりとはいえ、
将来明らかに習近平の政敵になる薄き来は邪魔であり、
胡錦涛らの共青団にしても、煙たい存在となる。

したがって上海派主導で薄き来の政治生命を絶つこと、
これは太子党利権グループが共青団を巻き込んだ権力中枢の合意であろう。
げんに王立軍の後釜は共青団人脈から選ばれ、
上海派の差し金であるにも関わらず
彼らは表面的な人事介入から
無縁の立場を装うことが可能となっているように。

秋の第十八回党大会を前にして、どっかりと政治的嵐の季節が始まった。
 

http://melma.com/backnumber_45206_5490720/


やはり失脚だった王立軍(重慶市副市長)。
当局は「長期休暇」と発表。
これは暗黒の権力闘争の一環、薄き来の政治生命に赤信号。


ライジング・スターだった薄き来(重慶市書記)は、
政治生命を絶たれる懼れがある。

党大会を控えて中国は熱い政治の季節を迎えた。

薄き来の主唱した「唱紅打黒」(毛沢東の原点に返り腐敗一斉)は
共産党中央から疎まれたのだ。
特権を長期に維持しようというのが共産党高官の合意だから、
この秩序を党内から動揺させた薄き来は邪魔となったのだろう。

薄が王立軍とともに、
重慶にはびこったマフィア、腐敗幹部を一網打尽として、
トップの7名を死刑にした功績は、
庶民から喝采され、共産党幹部からは畏怖された。
 
07年に薄き来が重慶市書記に赴任したとき、
遼寧省で活躍した公安畑の王立軍をともなった。
王は公安局長兼副市長として豪腕を振るった。
薄はこれらの実績をバックに今週の第十八回党大会で
トップ政治局常務委員会入りする野心に溢れていた。
 
舞台は暗転する。
 
その右腕の王立軍が同市公安局長のポストを解かれたのが2月2日、
そして7日に「長期休暇」に入ったと
重慶市スポークスマンがアナウンスし、
理由を「長年の過労による極度の緊張で体調を崩したため
治療に専念する」としたが、
中国のネット世論は一斉に「失脚」と解析した。

また「微博」サイトには王立軍の米国亡命失敗という噂が広まった。
 
げんに7日の四川省成都、米国領事館付近は異様な緊張に包まれ、
夥しいパトカーが領事館付近に配置され、
ものものしい警官隊が領事館を囲んだため、
王立軍は領事館で亡命を申請したが断られたのでは?とする噂となった。
 
NYタイムズは北京発として、
「王立軍は米国亡命を試みた」(9日付け電子版)と報じたが、
同時に「誰も王立軍がどうなろうと興味は薄い、
これで薄き来がどうなるか、という次の展開に
多くが関心を持っている」と冷徹に解析したのだ。

北京の米大使館はメディアの取材に沈黙。
ただし「米国領事館が中国当局に
警備の増強を要求したことはない」とした。

博訊新聞網(8日)は、
「王が米国領事館へ逃亡しようとしため黄奇帆(重慶)市長は、
緊急に70台のパトカーを米国領事館周辺に派遣させた」と報じた。
 
薄き来自身、この件でひとことのコメントも出していない。


▼権力中枢のどろどろした抗争はつねに藪の中だ

多維新聞網(2月8日)は
「おりからチベット僧侶の焼身自殺が連続して四川省は騒然としており、
警戒を強めている一環だろう」と分析した。

しかし同紙は「腐敗分子追放以後、敵のいなくなった重慶で、
やりたい放題の汚職、腐敗をやったのは薄き来であり、
海外への資産移動や放蕩息子のハーバード留学など、
かずかずの汚点が指摘されている。
その右腕だった王立軍自身も腐敗の共犯だった噂が絶えず、
喬石ら元老は『その後、重慶の治安が悪化しており、
王立軍の退陣を要求』していた」という報道もしている。

新幹線を五年間で
8300キロも作り上げた劉志軍(前鉄道部長)にしても、
副官とともに二兆円もの賄賂、収賄の関与があって
昨年二月に失脚したが、
劉は江沢民派であり、団派の巻き返しと言われた。

であるとすれば、今回の薄き来を揺るがす大事件は、
かれを政敵と位置づけた守旧派と太子党の多数派の共同作戦により、
薄き来の次期政治局常務委員会入りを阻止する決定打となる。

 
▼習近平訪米直前のタイミングで仕組まれた

ウォールストリート・ジャーナルは
「習近平の訪米直前に、
政治スタイルのまったく異なる太子党の薄き来が
ポピュリズム重視の新しい政治スタイルで
重慶市民の圧倒的支持をえていることに何らかの関係がある」
と分析した(同紙、2月9日)。

同じ日に明るみに出た報道は
江沢民の父親の日本特務機関協力の過去をあばいた、
歴史学者の呂加平が、
昨秋に「国家政権転覆扇動罪」で
懲役十年の判決が秘密裁判で出され服役しているという事実だった。

習近平が次期総書記兼国家主席に確実視されるのも
江沢民派が推挙し、上海派と太子党が連合した人事抗争の結果である。
 
そして習は訪米の最終準備にはいった。

なお今回の中国の「ミニ政変」を欧米各紙は大きく伝えているが、
日本の諸紙は黙殺かゴミ記事、
例外は産経新聞だけのようである。


http://melma.com/backnumber_45206_5487128/


RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。