FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:東南アジア・オセアニア  »  米比軍事合同演習の意味
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米比が合同軍事演習、中国の南シナ海の脅威にそなえて
中国はフィリピン制裁を示唆し、アキノ政権を恐喝するが。。

 
フィリピンのアキノ大統領一家は華僑の末裔、
御先祖は福建省出身である。
マルコス政権瓦解以後、フィリピンの政権はいくたびか交替したが、
いずれも親米、そして親中路線だった。
 
しかし南シナ海の海底油田の利権をめぐり、
中国はフィリピン領海のパーセル礁をさっさと軍事占領し、
フィリピン側には哨戒艇ほどの海軍力しかなく、
腹に据えかねながらもじっと耐えた。
もとはと言えば米軍がスビック湾から撤退したためである。
中国は軍事力の真空状態をみて、さっと軍を派遣したのである。

ベトナムは自国領海が中国海軍に犯されたとき、
果敢にも軍事行動に出たが、
18名が殺害され、そのまま中国海軍が居座っている。
 
この屈辱からベトナムは宿敵米国と突如仲直りをする。
米軍の空母寄港を歓迎する。
 
ともかくベトナム沖の南沙諸島の珊瑚礁に
中国軍工兵隊はコンクリートを流し込んで部隊を駐屯させ、
いつの間にか滑走路まで中国は建設し、
ブルネイ、台湾、マレーシア、インドネシアの権益を侵したまま。

日本領海にも中国はしゃあしゃあと海底リグを四基建設し、
白昼堂々とガスの盗掘を繰り返し、
日本の抗議には「ここは中国領」と嘯いたままである。

軍事力のない日本も中国の侵略に抗議も出来ず、すっかり腰がひけた。
このままいけば、次は尖閣諸島を間違いなく盗みに来るだろう。
 
アジア諸国は日本の頼りなさに絶望してきた。

 
▼四面楚歌に周章狼狽した中国だが反射的な対応も早かった

オバマ政権がようやく中国への軍事的対峙を鮮明にした。
昨秋のASEANにおいて、米国は海兵隊の豪駐留にくわえ、
インド、ベトナムとの軍事演習再開、
そしてフィリピン海軍との合同演習を打ち上げた。

雰囲気の激変に中国は四面楚歌となり、温家宝首相は驚き、かつ狼狽した。
米国の対中政策の変化を肌で感じ取った。
だからこそ予定になかった習近平がにわかに訪米することになった
(2月13日から訪米する)。
米国各地で習は多大の演出を施し、
中国の悪イメージを改善しようというわけだ。

さて米比軍事演習と聞いて中国はフィリピン側を恐喝する。
環球時報(人民日報の傍系)は、
「もしフィリピン側が北京に楯突くのなら、
われわれは制裁を加えるだろう」という意味のことを書いた。
「領海は中国のものであり、中国は国際社会の秩序に従い、
平和を希求しているのだ」という修辞も忘れずに付け加えたが。。。。

米比合同軍事演習は
三月下旬から四月上旬にかけて当該海域で行われる。


http://melma.com/backnumber_45206_5487926/


関連記事
NEXT Entry
シェールガス、日本恩恵 採掘方法確立、LNG値下がり 北米からの輸入焦点
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。