HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:米国  »  米軍が女性兵士の戦闘任務参加の内規改定、制限撤廃か
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米国防総省高官は8日、
女性兵士の戦闘任務を規制する規定を改定する方針を明らかにした。
連邦議会に提出する報告書の中に盛り込まれているもので、
変更内容は9日に発表する見通し。

改定の詳細には触れなかったが、規定の廃止を打ち出す可能性がある。
この規定については、女性兵士が
前線での哨戒や危険度が高い憲兵隊や治安維持の任務を
既にこなしている実態を踏まえ、
地上戦で全ての役割を担わせたいとの意見が軍内部でも強まっていた。

女性兵士の戦闘参加を制限する規定は
1994年から打ち出されているもので、
交戦に直接巻き込まれそうな、
小規模の歩兵隊や地上部隊への帯同は認めていない。

別の国防総省高官はCNNに対し、
主要任務が地上戦への直接参加である場合は
女性兵士の旅団規模以下の部隊への編入を抑制していると指摘。
その上で、規定について、
困難だがやりがいのあるキャリアを求める女性兵士への
機会を与えることも考慮したバランスの取れた措置と説明している。

国防総省の統計によると、
アフガニスタンとイラクにおける軍事作戦で
死亡した女性兵士は140人以上で、負傷者は860人以上となっている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120209-00000018-cnn-int


関連記事
NEXT Entry
米比軍事合同演習の意味
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。