FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:米国  »  共和党予備選、またも不測の逆転劇
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
青天の霹靂か、どんでん返しのトリックか。
サントロウム(元上院議員)がミネソタで大勝、コロラドも辛勝の速報。


共和党の党員集会(コーカス)は番狂わせの連続となった。
欧州を襲う大雪と寒波の影響かも? 
サンダーストームがミネソタ州とコロラド州に吹いた。
 
アイオワ州で、ひょいとトップに顔を出したサントロウムは
共和党保守陣営になかでも無名の新人。
ベテランのロン・ポールはテキサス州で勝つだろうが、
すでに息切れが目立つ。

トップを走り、本命視されている、
ミット・ロムニー(元マサチュウセッツ州知事)は、
大金持ちのうえに、モルモン教。
この二つが足枷となって運動を鈍らせている気配があり。

先週までに巻き返してきた、
ニュート・ギングリッチ(元下院議長)だったが、
かれの足枷は豪放な放言癖と離婚歴もさりながら、
大口スポンサーがエーデルソン夫妻ということが判明した途端、
不利となった。
なぜならエーデルソンはラスのカジノ経営で知られ
全米六位の大金持ちだが、
あまりに露骨なイスラエル贔屓だから、マイナスと働いた。
 
ギングリッチも
「おれはれっきとしたプロ・イスラエル」と発言を繰り返し、
これがイスラエルに批判的な左翼メディアに喧伝されて不利になった。

奇跡のダブル・スコアで再浮上したサントロウム候補ではあるが、
彼には共和党をまとめる力量不足で、
問題は軍資金がどこまで続くかだろう。


http://melma.com/backnumber_45206_5486591/


関連記事
NEXT Entry
米、シリアの「代理戦争化」を懸念 関係国の思惑交錯、軍事支援に危機感
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。