HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:中東・イスラム  »  イラン攻撃か否か=最悪のシナリオで議論過熱―米
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米国内で対イラン攻撃をめぐる議論が過熱してきた。
オバマ政権幹部が相次いで、イランの核開発進展への危機感や、
イスラエルによる単独攻撃の観測を口にしたことで、
軍事衝突の可能性は現実味を増している。

「核保有国イラン」と
「新たな中東戦争」という最悪のシナリオのはざまで、
米国の世論は揺れている。
 
「攻撃すべきか否か」―。
外交専門誌フォーリン・アフェアーズ電子版は最近、
「イラン攻撃の時が来た」と題した、
マシュー・クローニグ外交評議会研究員の論文を公表。
続いて、「イラン攻撃の時ではない」とする、
コリン・カール元国防次官補代理(中東担当)の反論記事を
並べて掲載した。
 
クローニグ氏は、
イラン核武装の場合に米国が背負う安全保障上のリスクに比べれば、
核施設への空爆が「最も悪くない選択肢」と主張。
カール氏は、大量破壊兵器保有が疑われたイラクに対する、
「予防的戦争」の失敗を挙げ、
「他の選択肢が残っている時に
戦争を選ぶべきではないというのが教訓」と指摘し、
クローニグ氏の論点の反証を試みた。 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120205-00000048-jij-int



関連記事
NEXT Entry
ネット上の反体制活動支える検閲回避技術、米国が開発支援
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。