HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:中東・イスラム  »  イスラエル情報機関長官が訪米、イラン攻撃時の対応見極めで
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イランの核開発計画阻止のため
イスラエルが先制攻撃を仕掛けるとの憶測が強まっているなか、
米連邦議会筋は5日までに、
イスラエルの対外情報機関モサドの長官が訪米して
情報機関当局者や一部議員と会談、
攻撃に踏み切った場合の米側の対応の分析に努めたことを明らかにした。

同長官は先週米国を訪れており、
クラッパー米国家情報長官は議会の公聴会でこの事実を確認している。

議会筋によると、モサド長官は一連の会談で先制攻撃を実行した場合、
イランへの対抗措置を含む米側の具体的な対応について
見極めようとしたという。
同筋はまた、先制攻撃の実行前に
イスラエルは米国に通告しないと判断しているとも述べた。

米国防総省高官は先にCNNに対し、
パネッタ国防長官はイスラエルが早ければ今春にも
イランを攻撃するとの見方に傾斜していることを明らかにしている。
同長官はブリュッセルで北大西洋条約機構(NATO)の会合に出席した際、
記者団にCNN報道の真偽を問われたが確認も否定もしなかった。

パネッタ長官は、
米政府がイスラエルに対し懸念を表明したことを明らかにしたものの、
詳細については言及しなかった。
懸念の一つは、イスラエルから先制攻撃を受けた場合の
イランの反応だと見られている。

ゲーツ米前国防長官は2日、CNNとの会見に応じ
「イスラエルは自らの歴史を踏まえ独自の判断を下すだろう」と指摘。
その上で攻撃した場合に予想されるイランの反応について
米国とイスラエルの意見が食い違っているとし、
「大部分の米政府高官は、イランが中東全体を巻き込んだ、
大規模な報復行動に出るだろうと受け止めている」と述べた。

イスラエルによるイラン攻撃については
米軍制服組トップのデンプシー統合参謀本部議長が昨年12月、
CNNとの会見の中でイスラエルは
米国に事前通告はしないだろうとの見方を示していた。
議長は今年1月にはイスラエルを訪問して
イランに対する経済制裁の効果を確認するための
時間的余裕を求め、イランへの攻撃を押しとどめたともされる。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120205-00000012-cnn-int


関連記事
NEXT Entry
イラン攻撃か否か=最悪のシナリオで議論過熱―米
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。