HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:韓国・北朝鮮  »  北核武装、迫る「真実の時」
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外国からの危険を避けるにはまずその相手と話しあえばよい-
日本の対外政策の最大前提だといえよう。
だがこと北朝鮮の核兵器開発に関しては、
この前提はことごとく外れてきた。
6カ国協議は結果として
北朝鮮がウラン濃縮の核弾頭開発の秘密作業を進める上での
隠れミノとなってしまった。
そしていまや最大の危機がつい目前に迫ってきたのだ。

北朝鮮核武装の究極とも呼べるこの危機とは
北が小型化、軽量化に成功した核弾頭を
ノドンやムスダンという弾道ミサイルに装備するという事態である。
このところ米国でも日本でも、北朝鮮といえば、
金正日総書記の死と指導者の交代にすっかり関心を奪われた感じのようだ。
安全保障上の最大の新展開がひたひたと接近していることの指摘は少ない。

だがその数少ない警告が
米国議会調査局で40年以上も朝鮮半島情勢を追ってきた、
ラリー・ニクシュ氏により
一連の調査報告で発せられていることは注視すべきだろう。
現在はワシントンの「戦略国際問題研究所(CSIS)」の
研究員を務める同氏は、次のように断言するのだ。

「北朝鮮は高濃縮ウランの
核弾頭のミサイルへの搭載に全力をあげており、
その目的を早ければ今年中、
遅くとも2014年末までに達成する見通しが確実となってきた。
そうなると北は韓国と日本の全域、
さらにはグアムやハワイ、アラスカという米国領土をも
核ミサイルで攻撃する能力を保持することになる。
この事態はこれまでのいわゆる北朝鮮核開発問題を根底から変え、
北朝鮮が公然たる核兵器保有国となって、
東アジアの安全保障を激変させる」

もっとも米側ではロバート・ゲーツ前国防長官も
「北朝鮮は米国にも届く大陸間弾道核ミサイルを
5年以内に配備する意図だ」と述べていた。
だがニクシュ氏はその配備がこの1、2年に起きると明言するのだ。
そしてその根拠として
(1)北朝鮮がパキスタンの核専門家A・Q・カーン氏から得た技術
(2)北が米国専門家にみせたウラン濃縮技術
(3)北が技術を提供したイランのシャハブ・ミサイルの技術
などの現状を指摘する。

ニクシュ氏はさらに
北朝鮮が弾道ミサイルへの核弾頭装着を明示すれば、
6カ国協議の目標の
「北の非核化」はもう絶対に実現しないだろうとも予測する。
そして韓国、日本、米国にとって
北朝鮮の軍事能力の重みが根底から変わり、
安保政策の基本が再考されるというのだ。

ニクシュ氏が述べるこの悪夢のシナリオへの各国の動きでは、
とくに日本の反応の予測が興味深い。

「日本側のショックがおそらく各国のなかでも最大だろう。
敵性国家による核攻撃の能力や意図という現実は
戦後の日本が想像もしなかった事態となる。
大震災の復興になお追われるいまの日本の政権には
そもそも一貫した安保政策がうかがわれず、
とくに対北戦略がないようだ」

ニクシュ氏はそのうえで日本には北朝鮮の核ミサイルを抑止するための
非核の爆撃機やミサイルという長距離攻撃能力の保持も
選択肢になると述べながらも、
現状では憲法上の制約などを理由とする、
反対論の勢いがなお強いだろう、とも指摘する。
確かに、北朝鮮の現実の核武装という展望が
国政上の課題ともならない現状からは、そのとおりだろう。

すぐそこに迫った北朝鮮核武装の「真実の時」を
仮想だけとしてすませないことだけは自明である。


http://sankei.jp.msn.com/world/news/120202/amr12020203380001-n1.htm


関連記事
NEXT Entry
ネパールめぐり中印“綱引き” 経済・技術支援で影響力
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。