HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:軍事  »  米国防予算削減案、F35調達予定見直し 特殊部隊と無人機強化
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パネッタ米国防長官は26日、国防総省で記者会見し、
国防予算の削減計画の詳細を発表した。

米連邦議会で決まった今後10年間に
4870億ドル(約38兆円)削減するという案を受けたもので、
まず2013会計年度(12年10月~13年9月)の国防予算の要求額を
前年比330億ドル(約2兆5550億円)減とする。

陸軍や海兵隊では今後、
人員の削減を進めて兵力を同時多発テロ以前を若干上回る水準に戻す。
陸軍は現在の55万6000人から49万人に削減、
海兵隊は1万8000人削減して18万2000人規模となる。
また、欧州に駐留している4つの旅団のうち2つを米本土に戻す。
海軍の旧式巡洋艦7隻などを退役させる一方で、
それに代わる艦船の調達を1~2年遅らせる。

空軍では輸送機などの数を減らすほか、次世代戦闘機F35の調達も
「万全の試験飛行や開発変更を可能とするため」遅らせる。
また、兵士の給与や退役軍人向けの医療給付にもメスを入れるという。

一方、特殊部隊や
イラクやアフガニスタンで投入されている無人機などに関する予算は
増額される。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120127-00000011-cnn-int


関連記事
NEXT Entry
米軍が中東で特殊部隊の「海上出撃基地」構想、輸送船転用
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。