HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:中国  »  中国の欧米企業買収大攻勢
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この「ユーロ安」につけ込め、中国企業は欧州で企業買収の大攻勢。
海外で207社を買収し、
430億ドルを注ぎ込んだ「龍の鼻息」は荒い。


欧州で目立つのは旧正月休みを利用した中国人観光客の群れ。
 
グッチ、オメガ、ディオールと
手当たり次第に有名ブランドを買いまくり、
このため各空港の免税手続きカウンターは
中国のツアーで長い長い列ができる。
じっと辛抱強く一時間待っても順番が来ないうえ、
中国人が横から列に入るので、
そのまま免税手続きをしないで帰国する日本人観光団が多いそうな。

さてユーロ安は観光客の激増ばかりではない。
 
中国企業は片っ端から
欧米で老舗、名門、大手、有名企業の買収を展開している。
 
2010年には25件の大きなM&A(企業合併・買収)が記録された。
2011年は、44件と激増し、中国が海外で買収した企業は
実に207社、合計430億ドルを注ぎ込んでいたことが分かった
(英紙ファイナンシャルタイムズ、1月17日付け)。

とくに注目を集めたのはCIC(中国国富ファンド)が
ドイツGDF社に投資した42億ドル。
ほかにも独ベーダディオン社、ノルウェーのリリケン社、
ポルトガルだけでも35億ドルを数社に投資して、
その龍の鼻息の荒さを見せつけた。

「円高」に悩む日本企業も負けじとばかりに欧米で、
或いはアジア諸国で派手で大規模な企業買収を手がけているが、
中間業者斡旋のコンサルタント、マーケッティング、ロビィスト、
法律事務所などの悪質な詐欺に引っかからなければ良いが、と祈ります。


http://melma.com/backnumber_45206_5392430/


関連記事
NEXT Entry
米国務次官、チベット情勢で中国を批判「深刻な懸念」
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。