HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:中国  »  広東省陸豊市ウーカン村のその後
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『陸豊モデル』はこれから中国の農村革命を領導するか?
鳥炊村の抗議行動首謀者が村の党書記に就任し、強制収容の農地返却へ

共産党の強圧政治のもと、考えられなかった事態が出来した。
 
2011年11月以来、
紛糾し続けてきた広東省陸豊市鳥炊(ウーカン)村では、
警察が拷問により死亡させた抗議行動の指導者のひとり、
セキ錦波の葬儀が執り行われ、
土地を農民に無断でデベロッパーに売却した同村の書記は
懲戒免職となった。

この急転直下の解決の背後には王洋広東省書記の思惑が交錯しており、
事態は急激に宥和路線に転じたのが、同年12月だった。
世界のジャーナリストが、この小さな村でおきた事件に注目し、
大きく報道合戦を繰り広げたことは、たびたび小誌でも紹介してきた。

2012年1月16日、同村では書記に抗議行動の主導者のひとり、
リン・ズルアン(音訳不明)が就任したことが明らかとなり、
また強制収容した農地の四分の一にあたる1700ヘクタールが
返還されると発表された(NYタイムズ、1月17日)。
 
北京で発行されている雑誌『求是』2012年第二号に
温家宝首相が寄稿し、
「農地改革と農家問題は法律に基づき改善されるべきであり、
なんぴとも農地を法律によらずに
農民から剥奪することは許されない」とした。

これは行政院から発せられた広東農民への応援歌?

毛沢東革命以前、農地の革命は、この広東省陸豊からおこった。
歴史はまた繰り返し、『陸豊モデル』は
これから中国の農村革命を領導することになるだろうか?


http://melma.com/backnumber_45206_5386121/


関連記事
NEXT Entry
経産省、宇宙産業輸出で使節団
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。