HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:軍事  »  中国の空母「単なるポンコツ」「くず鉄の集まり」等の評価も
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国初の航空母艦として注目を浴びている「ワリヤーグ」だが、
実は空母の本来の役目である戦闘機を艦載できず、
「たんなるポンコツ」とか「無用の長物」「くず鉄の集まり」との
侮蔑的な評価をする軍事専門家もいる。

ワリヤーグは
現在のウクライナが売却したものであることはよく知られているが、
軍事問題専門誌「ジェーン防衛週報」や
米軍事・安全保障サイト「グローバル・セキュリティー」によると、
ウクライナから引き渡されたワリヤーグには
当初からエンジンが積載されていなかった。
本来ならば、蒸気タービンエンジンを2基積載し、
最高速度は29ノット(時速53.7km)のはずだが、
肝心のエンジンがなかったというのだ。

このため、中国は
エンジンを自前で用意しなければならなかったものの、
中国は蒸気タービンエンジンや、
さらに進んだガスタービンエンジンを国産化できなかったため、
ワリヤーグには船舶用ディーゼルエンジンを装備した。
しかし、船舶用ディーゼルエンジンは蒸気タービンエンジンなどより
容積が大きい割には出力(馬力)が小さく、
ワリヤーグの最高速度は19ノット(時速約35km)でしかない。
通常の空母よりも10ノット遅いのだ。

中国が対抗心を燃やす米海軍の空母は
30ノット(時速54km)以上の速力がある。
艦載機が発進するさい、
米軍の空母は30ノット以上の速力で向かい風を作り、
艦載機に十分な揚力を与えて発進させているが、
ワリヤーグはそれができないため、
空母として致命的な欠陥を持っているのだ。

さらに、大きな問題点が最近指摘されている。
一般に空母は滑走路が短いことから、母艦に帰還する艦載機が着陸する際、
速やかに停止させるための
フックや制御ワイヤなどの着艦関連装置が装備されているが、
ワリヤーグにはこれらの着艦関連装置が
備え付けられていないことが分かっている。
現状では、空母してはまったく使えないことになる。

それらの装置を調達すればよいのだが、
旧ソ連邦製の空母の着艦装置を製造しているロシア企業が
中国への売却を拒否しているという。
その理由は、中国がロシアの戦闘機などを
許可なくコピーして製造していることに不快感を持っているためだという。

実際、ワリヤーグの艦載機として考えられているのは
「殲15」戦闘機と伝えられるが、
これはロシア製の空母艦載機である、
「スホイ33」のコピーだと伝えられており、
中国としては「身から出た錆(さび)」としか言いようがない。

かくして、ワリヤーグはエンジンに致命的な欠陥をもち、
肝心の艦載機の着艦関連装置がなく、さらに艦載機も模造品であるなど、
「空母としては無用の長物で、たんなるポンコツでしかない」との
評価が定着しつつあるのである。


http://www.news-postseven.com/archives/20120111_78818.html


関連記事
NEXT Entry
櫻井よしこ氏 「中国は南北朝鮮を自らの影響下に置きたい」
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。