HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:米国  »  「ツイッターがテロ支援」イスラエルの人権団体が警告
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イスラエルの人権団体、
シュラト・ハディン・イスラエル法律センター(ILC)のディレクター、
ニトサナ・ダルシャン・ライトナー氏は29日、
短文投稿サイト「ツイッター」に対し、
レバノンを拠点とするイスラム教シーア派組織「ヒズボラ」や、
国際テロ組織アルカイダと関連があるとみられている、
ソマリアの武装勢力「シャバブ」などのテロ組織に
同社のオンラインネットワークを使用させるのは
米国法違反に当たるとの警告文を送付した。

ダルシャン・ライトナー氏は、ヒズボラとシャバブは
米国法で正式にテロ組織と認定されていると指摘した上で、
テロ組織に認定された組織への物質的支援を禁じた、
米国愛国者法の主要条項を支持した2010年の米連邦最高裁判決に言及した。

ダルシャン・ライトナー氏は
ツイッターの最高経営責任者(CEO)ディック・コストロ氏に対し、
「ヒズボラなどの海外テロ組織に
ソーシャルメディアや関連サービスを提供することは一見無害だが
一種の物質的支援であり、
あなたとあなたの会社は個人的、刑事的、民事的責任を
負うことになる」と警告した。

ヒズボラのテレビ局「アル・マナール」は
ツイッターアカウントを保持し、約7500人のフォロワーがいる。
他にも米国からテロ組織とみなされながら
ツイッターアカウントを保持する組織は複数存在する。
パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスも
少なくとも自治政府が管理する1個のツイッターアカウント上で
定期的に投稿している。

ダルシャン・ライトナー氏は、仮にツイッターを提訴すれば
言論の自由の擁護者たちから
激しい反発があることは認識しているとした上で、
ツイッターが方針を変更することを願っていると付け加えた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111231-00000009-cnn-int


関連記事
NEXT Entry
<世論調査>大統領リーダーシップは朴槿恵氏が1位=韓国
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。