HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:日本  »  野田さんがアメリカに落とした超爆弾
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、野田さんがアメリカに落とした超爆弾とはなんでしょうか?

これです。


 中国国債購入で合意
 円・人民元の貿易決済も促進―日中首脳会談

 時事通信 12月25日(日)21時4分配信
 http://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-111225X166.html

 【北京時事】野田佳彦首相と中国の温家宝首相は25日の会談で、
 日本政府が人民元建て中国国債を購入することで合意した。

 貿易取引で、円と人民元による決済を促す方針でも一致。

 両国の経済関係を緊密化し、一段の貿易拡大につなげるのが狙い。



国債の話も大事ですが、今日はとりあえずおいておきましょう。

これまで、日中貿易は、「ドル」で行われていた。
だから、「基軸通貨」というのです。

もしGDP3位の日本とGDP2位の日中間貿易で
「ドル外し」が実現したらどうなるのでしょうか????

 ただ、人民元の国際的な立場が上がることで、
 基軸通貨である米ドルの地位が低下する「ドル離れ」に
 拍車が掛かる端緒になりかねず、
 欧米諸国の反発も予想される。(同上)


「ドル離れに拍車がかかる」
当たり前ですね。
欧米諸国の反発が云々とありますが、実際にはアメリカの反発です。

 両首脳は、円・人民元の貿易決済拡大や、
 両通貨を直接取引する為替市場の育成を支援することも決めた。


日本にとって中国は世界最大、
中国にとっても日本は上位の貿易相手国。
しかし、日中貿易のほとんどは米ドルで決済している。

 円・人民元で直接決済すれば、
 ドルとの両替が不要になるため取引コストを低減できる(同上)


いうまでもなく、これは強力なドル下げ圧力になります。

思い出してください。

1、ドルの使用量を減らせば
2、ドルは基軸通貨ではなくなり
3、ただのローカル通貨になる
4、アメリカはただの借金大国になり
5、没落する

つまり、野田さんは、知ってか知らずか、
「アメリカを滅ぼそうとしている」ことになります。
少なくとも、アメリカはそう捉えることでしょう。

では、なぜ野田さんは、
フセインと同じようなことをしたのでしょうか?

私は、野田さんは「日中貿易でドルを外すことが、
どれだけアメリカの打撃になるか」全然知らないのだと思います。

温家宝から、「人民元と円で直接取引すれば、
ドル両替分のコストが浮きますよ」といわれ、
「あ~、それはいいですな~」
と軽い気持ちで乗っちゃったのでしょう。

そのうちアメリカから野田さんに
「脅迫電話」がかかってくるものと思われます。

それで悟って、
「すいませんドルはずしやめます」とすぐ撤回すればいいですが。。。

もし、「なんてアメリカは高飛車なんだ。
日本は自立国家。不退転の決意で円・人民元貿易をやるぞ!」
などと意地をはると、大変なことになります。
マジで。

民主党の読者さんがいれば、ぜひとも警告してあげてください。


http://archive.mag2.com/0000012950/20111227022623000.html


関連記事
NEXT Entry
胡錦涛もレイムダック入り
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。