HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:軍事  »  F35決定「疑問だらけ」 選定開始時の防衛相 石破氏
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
航空自衛隊の次期戦闘機(FX)に
F35(米ロッキード・マーチン社)が決定したことについて、
野党・自民党の石破茂元防衛相は本紙のインタビューに
「極めて異様な選定というほかない。
予算委員会で追及の目玉にする」と政府を批判した。

石破氏は、防衛省で二〇〇七年にFX選定が始まった当時の防衛相。
「(今回候補になった欧州機の)ユーロファイターを『当て馬』にせず、
真剣に選定するよう指示したが、今回ははじめから米国製ありきだった。
背景に普天間飛行場問題の迷走があり、
米国に配慮したのだろう」と述べ、
公正な選定ではなかったと指摘した。

F35の特徴について
「(レーダーに映りにくい)ステルス機といっても
F35は対地攻撃が専門で、日本に必要な防空戦闘機ではない。
国内生産が制限されるF35の選定により、
戦闘機の製造基盤も維持できない。
しかも開発の遅れから納期遅れは確実。
なぜF35なのか疑問だらけだ」。

そして「国会で選定した理由をきちんと説明できないなら、
閣議決定をやり直すべきだ。
自民党が政権党になった場合は当然、
選定結果を見直すことになる」と強調した。

防衛省はおよそ十年後、
約二百機保有するF15戦闘機の後継機選びを迎える。
石破氏は「そのころF35が完成していれば、
候補として検討できるかもしれない。
だが、より問題なのは防衛省が
『日本の防空』をどう考えているのか、さっぱり分からないこと。
老朽化したRF4E偵察機の後継選びをせず、
空白のままにしているのはその証拠だ」と防衛政策を批判した。


http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2011122402000036.html


関連記事
NEXT Entry
金正恩氏 母は在日、最高機密に 口外厳罰、周知の総連危険視
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。