HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:軍事  »  不透明感漂う未知の翼F35=コスト上昇や開発遅延―米
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本が次期主力戦闘機(FX)に採用する方針を固めたF35戦闘機は、
米軍の次世代型の戦闘攻撃機で、
米国防総省は同盟国間の兵器の共通化による相互運用性を強化するため、
日本に導入を求めてきた。

ただ、開発と生産を同時進行させる同省と
開発主契約社のロッキード・マーチン社の方針は、
度重なる設計変更と飛行試験の遅れを招き、
米空軍にも実戦配備されていない未知の翼だ。
緊縮財政でF35も予算削減から逃れられる聖域ではなく、
単価や日本への機体引き渡し時期には不透明感が漂う。
 
F35の米軍の調達予定数は約2400機。
開発総額は約3800億ドル(約29兆5800億円)で、
戦後最も高額な米軍の兵器開発といわれる。

計画は1990年代に始まったが、
相次ぐ開発遅延のトラブルで初期運用能力獲得にも至っていない。
しかし、中国やロシアもステルス機開発を進める中、
制空権を維持するには第5世代機開発は不可欠で、
「これまで多大な投資をしたこともあり、
今さら開発を白紙に戻せない」(国防総省筋)。
 
開発の遅れに業を煮やしたゲーツ前国防長官は昨年、
国防総省のF35開発担当責任者を更迭。
後任のパイロット出身のベンレット海軍中将はこのほど軍事専門紙で、
必要な各種試験が全体の18%しか実施されていない実態を明らかにした。
 
同中将によると、金属疲労試験の結果、
機体の部品の強度が8000時間の飛行時間に耐える基準を満たさず、
亀裂が発生する可能性が高いことも判明。
これまでに実施した金属疲労試験は空軍仕様機で目標の20%、
海兵隊仕様では6%にとどまるという。
日本は空軍仕様を候補にしている。 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111213-00000132-jij-int


関連記事
NEXT Entry
米最新鋭の無人偵察機、イランの手中に 中露への技術流出に危機感
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。