HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:中国  »  中国の民主派サイト『猫眼看人』に「尖閣は日本領」との書込が殺到
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国の民主派サイト『猫眼看人』に
「尖閣は日本領」との書込が殺到しているとの情報が、
『月刊中国』の鳴霞編集長から入ってきました。

小生が、2004年11月に『SAPIO』誌にスクープしてから
7年経って、やっと中国国内にも浸透したようです。

それは、中国の大学生が海外とのやりとりをしていて、
中国の1970年以前の地図帳で
「尖閣海域」を調べて見たらとのアドバイスを受けたことから、
手分けして北京や上海の大学や公立図書館など、
手当たり次第に探しまわっても見つけることができなかったとのこと。

上記の状況は、小生が7年前に国立国会図書館や全国の大学図書館、
国公立図書館を数カ月間探しまわっても、
見つけることができなかった状況とまったく同じです。

当時、神田の古書店主曰わく、
かなり前から数百万円をポケットにねじ込んだ中国人が出入りし、
「地図・地図」を連呼して、古い中国で発行した地図を、
片っ端から買い漁っていたとのことだった。

その中国の大学生が、
やっと「尖閣群島」と日本名で表記してある地図帳を見つけたのは、
ちっぽけな解放軍関係の図書館だったとのことです。

これだけ影響力がある地図を、小生が7年前に明らかにしてあっても、
再度、昨年10月『週刊ポスト』のグラビアに掲載して貰うまで、
その地図の存在を我が国の国会議員や保守言論人も無視していたのです。
情けないことです。

しかし、同『週刊ポスト』が売り切れ、
買い占め騒動にまで発展したことで、
やっと国内に一般化させて頂いたのは、
覚醒されていらっしゃるインターネットユーザーの皆様方の力でした。
深甚の謝意を表する次第です。


http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/blog-entry-623.html


関連記事
NEXT Entry
国と三菱重、商用衛星ビジネス参入狙うも… 円高やコストで“官需頼み”
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。