HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:宇宙開発  »  NASAが民間宇宙船にISSとのドッキング許可、史上初
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米航空宇宙局(NASA)は10日までに、
米宇宙開発のベンチャー企業「スペースX」社に対し、
同社の無人宇宙船「ドラゴン」が
国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングすることを
認めたと発表した。

民間企業の宇宙船がISSとドッキングするのは初めてとなる。
同社は来年2月7日にロケット「ファルコン9」を使い、
ドラゴンを打ち上げる予定。
現在は、打ち上げのための最終的な安全確認、
試験や船体検査などを実施している。

NASAの有人探査・運用担当部局当局者は、
スペースX社が作成したドラゴンの打ち上げ計画について
欠陥はないと評価した。

ISSとのドッキング開始前には、
約3.2キロ離れた空間での接近通過、
安全な接近に不可欠な飛行システムや感知システムの正常な作動確認、
不測の事態が起きた場合の
ドッキングの自力回避の能力立証などの作業を求められている。

ドッキングの最終段階では、
ISS乗組員がロボットのアームを使ってドラゴンを捕まえ、
ISSの地球に面した船体側にドッキングさせる。

同社は昨年12月、ファルコン9でドラゴンの打ち上げに成功している。
宇宙船は地球軌道を周回後、
大気圏に突入し、太平洋上で回収されていた。

NASAのスペースシャトル計画は今年7月21日、
「アトランティス」の地球帰還を最後に終了した。
ISSに物資を運ぶ代替の輸送船確保を図っており、
現在はロシアの補給船に頼っているものの
ドラゴンのような民間機にも期待している。

スペースX社のファルコン9、ドラゴン事業は
宇宙法協定に基づくNASAの商業軌道輸送プログラムの一環で、
宇宙輸送に関する技術的課題の克服などを条件に
企業に資金援助している。
同社へはこれまで3億7600万ドルが供与されている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111210-00000013-cnn-int


関連記事
NEXT Entry
「従軍慰安婦」を侮辱した書き込みで検挙=韓国
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。