HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:ロシア  »  ロシア下院選で投票 与党大敗は双頭体制に暗雲
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
任期満了にともなうロシア下院選の投票が4日、全土で行われた。
前回選で、全議席の3分の2以上に当たる315議席を獲得した、
与党「統一ロシア」は苦戦が伝えられており、
どの程度まで、議席減を食い止めるかが焦点。
プーチン首相が出馬する来年3月の大統領選の前哨戦と位置づけられ、
大敗すれば、来春以降の政権運営に影響が出るとの指摘もある。

2008年にメドベージェフ大統領と
プーチン氏が組んだ双頭体制で初の国政選挙となる。
定数は450議席。
7党が参加して比例代表制で行われ、
法定得票率7%を獲得した政党に得票率に応じて議席が配分される。
即日開票され、5日未明には大勢が判明する見通しだ。
議員の任期は1年増えて5年間となる。

統一ロシアの名簿登載1位は
次期首相に転じる見通しのメドベージェフ氏で、
選挙戦では自ら陣頭指揮をふるい、
プーチン氏とともに与党必勝に本腰を入れてきた。
しかし、最新の世論調査結果によると、
統一ロシアは50-60議席を失う見通し。
停滞が続く国民の不満の表れとみられる。

一方、野党共産党や極右の自由民主党、左派系の公正ロシアは伸長し、
それぞれ議席を増やすと見込まれている。

1日付英字紙モスクワ・タイムズは、
統一ロシアがこれら3党との間で、議席を保証する代わりに
「野党を装う」ことで合意したと伝えた。
また、与党陣営の選挙違反を伝えるメディアの報道ぶりも目立つ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111204-00000544-san-int


関連記事
NEXT Entry
クラックできたらスパイとして採用――英諜報機関
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。