HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:欧州  »  <強いドイツ>「独り勝ち」に欧州各国から警戒の声
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欧州各国が財政危機にあえぐ中、
域内最大の経済大国として勢いを増す「強いドイツ」に対し、
各国から警戒の声が上がっている。

背景には、強固な輸出力で黒字を続ける「独り勝ち」への反感のほか、
2度の世界大戦を通じ欧州の脅威であり続けたドイツへの
歴史的な不信もあるとみられる。
メルケル首相は懸念の払拭に躍起だ。

 
メルケル首相は2日、
ユーロ圏諸国の財政を監視する「経済政府」構想について、
「これは欧州のためであり、
ドイツが欧州を支配する意図は全くない」と強調し、
「ドイツ支配」に対する反発に配慮した発言をした。
ユーロ圏の統合強化により、
ドイツの影響力拡大を懸念する英国などを念頭に置いたとみられるが、
実際に英国では「ドイツの支配する欧州には住みたくない」と
発言する一部の政治家や、
「(ナチスの第三帝国に次ぐ)第四帝国の台頭だ」と
あおる大衆紙がドイツ脅威論をぶち上げる。

ドイツは今年、ユーロ安の影響で輸出額が前年比で12%も増え、
初めて1兆ユーロ(約104兆円)を突破する見通しとなり、
大幅な貿易黒字が見込まれている。
8月の時点で失業率は7.0%と、
90年の東西ドイツ統一後最低にとどまり、経済は絶好調だ。

こうした状況下、各国はドイツの「財布」に期待する。
現在、各国が個別に発行する国債を欧州で「共同債」に移行すれば、
財政危機国は資金繰りが容易になるため、導入を望む声が根強いが、
メルケル首相は「(他国の債務を)共同で保証するなど
考えられない」と突っぱねている。

「強いドイツ」に、周辺国も気を使う。
フランスのサルコジ大統領は「経済の話でいえば、
ドイツも(第一次大戦後の巨額のインフレで)悩んだ過去がある。
フランス人はそれを理解し、尊重しなければならない」と
過去の歴史にまで言及し、
厳格な財政規律を重視して負担増を渋るドイツへの配慮を見せる。

一方で、第二次大戦でドイツに侵攻された、
ポーランドのシコルスキ外相は
「私はおそらく、ドイツの勢力拡大を恐れない、
最初のポーランド外相だろう。
ただ、ドイツが(危機に際し)何もしないことを恐れる」と
ドイツ台頭を持ち上げながら、やんわりと負担増を要求した。

独紙ウェルトは「好かれないドイツ人」との論説を掲載。
「ドイツは今、米国がこれまで経験してきたことを経験している。
国が強くなれば他国からの要求ばかり増え、
それを全て完璧にはこなせず、結局は嫌われるという経験だ。
ドイツは危機のスケープゴートにされている」と指摘した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111203-00000088-mai-int


関連記事
NEXT Entry
中国、インドのICBM発射実験計画に緊張 射程距離5000キロ、中国全土カバー
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。