HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:日本  »  『国家戦略とインテリジェンス:いま日本がイギリスから学ぶべきこと』を読み解く
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1941年の真珠湾攻撃以前の
アメリカのインテリジェンス活動について、
現在、活発な議論が行われている。

しかし大局的に見るならば、
ルーズベルトが日本の攻撃を知っていたかどうかよりも、
ルーズベルトがそれ以前からイギリスに共感を持ち、
運命共同体とまで感じていたこと自体がより重要なファクターであった。

「秘密を共有する」という関係は、
両国の外交政策にも決定的な影響を及ぼすものなのである。

そのように国家を結びつける「情報同盟」は、
決して一片の条約文書によって支えられるものではなく、
何十年にも及ぶ誠実な交流を通じて築き上げられるものである。

インテリジェンス活動は
つねに「国家戦略」とともにある行政活動である。

日本の情報に関して論ずべき課題はきわめて単純である。
すなわち、国家はその「国家戦略」の確立をはかるために、
国際情勢をよりよく把握する必要がある。

そのために、

1.国家中枢に情報分析を行う「中央情報機関」を設置し、

2.そうした情報分析を可能とするために
  「情報収集機関」を持たなければならない。

3.集められた情報を保全するために、
  国家機密法を始めとした「情報保全体制」が不可欠である。

4.情報機関を監視するオーバーサイト機関が
  設置されなければならない。

実のところ、
日本のインテリジェンス体制のあり方がここまで放置されてきたのは、
それに関心を持たなかった国民の責任でもある。


http://archive.mag2.com/0000258752/20110530080000001.html
関連記事
NEXT Entry
中国の巨大な影
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。