HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:米国  »  米、カンボジア合同演習 対中牽制 緊密関係切り崩し
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米海兵隊は11月30日から、カンボジア軍と合同で、
人道支援と災害救助を想定した図上演習を
カンボジアの首都プノンペン市内のホテルで始めた。
12月9日まで。
米軍とカンボジア軍が合同演習を実施するのは初めて。

クリントン国務長官が
ミャンマー入りしたタイミングに合わせて実施するもので、
ミャンマーに続き中国寄りのカンボジアの切り崩しに出た形だ。
東南アジア諸国連合(ASEAN)の中で
最も中国寄りの2カ国への接近だけに、
中国政府は神経をとがらせそうだ。

米国防総省と国務省によると、演習を行うのは、
沖縄県うるま市キャンプ・コートニーに本拠を置く、
米第3海兵遠征軍。
将校ら23人が参加し、人道支援と災害救助演習を通じ、
両国制服組の関係強化を図る。

第3海兵遠征軍は、東日本大震災で
宮城県仙台空港の早期修復や離島の支援に当たったことで知られる。

在カンボジア米大使館の発表によると、
演習に参加したジェフ・デーグル米代理公使は冒頭、
「図上演習は、海兵隊とカンボジア軍が
関係強化を進めていく証しであり、
カンボジア軍の総合的な能力強化を図るものだ」と述べた。

米政府は表向き、
「人道支援と災害救助で関係強化を進めれば、自然災害などで、
アジア太平洋諸国との効率的な協力ができる」としているが、
水力発電所の建設など、大型インフラ整備による経済支援を通じて
カンボジアと緊密な関係を築いてきた中国を
牽制する意図があるのは明らかだ。

さきにインドネシアで行われた東アジアサミットでは、
カンボジアとミャンマーだけが、
南シナ海の自由航行を強調したオバマ大統領の演説に沈黙を守り、
中国への配慮を強くにじませていた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111202-00000101-san-int


関連記事
NEXT Entry
中国人民銀行が初めて不動産の凋落傾向を認める
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。