HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:中国  »  中国の核兵器量、推計大きく上回る?米学生の研究に注目
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米国の大学生グループが、中国の核兵器保有量は
現在推計されている数倍に上るという研究結果を発表し、
米国防総省のアナリストたちの注目を集めている。

米紙ワシントン・ポストの報道によると、
この研究はジョージタウン大学の学生たちが、
国防総省の高官だった、
フィリップ・カーバー教授(65)の指導で行ったもの。
中国人民解放軍の戦略ミサイル部隊で
機密のベールに包まれた第2砲兵部隊が掘った秘密のトンネル網について、
公開されている情報を集積し、363ページの報告にまとめた。

報告書は公開前だが、議会ではすでに公聴会が開かれ、
空軍副参謀総長など国防総省関係者の間で回覧されている。
同紙が引用している同省の戦略担当官は
「電撃的な情報というほどではないが、
ここで示されている見解や推計については、
これまで機密情報に基づいて
既知とされてきた事柄と照合中だ」と述べている。

学生たちの調査手法には、
米インターネット検索大手グーグルの
3D地図サービス「グーグル・アース」や
ブログといったインターネット上の情報や、
軍事専門誌、中国のTVドラマまでもが情報源として含まれており、
これに疑問を投げかける批判もあがっている。
しかし、ワシントン・ポスト紙は、
通常は中国軍関係者でなければ入手できない第2砲兵部隊が作成した、
400ページに及ぶマニュアルを学生たちが入手できたとも報じている。

冷戦下の米国防総省で戦略参謀のトップを務め、
国防長官や参謀総長に直接報告する立場にあった、
指導教官のカーバー教授は、今回の研究の結果、
中国は現在推計されている80~400発を大きく上回る、
最大3000発の核弾頭を保有している可能性があると語っている。


http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2843429/8148711


関連記事
NEXT Entry
中田宏前横浜市長はいかに『殺された』か
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。