HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:軍事  »  FX(次期主力戦闘機)選定で有力機に次々と浮上する問題
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「米ロッキード・マーティン社の担当者は、
日程調整がつかず不参加となった」──。
司会進行役の説明に記者たちは呆れた。

11月16日、日本外国特派員協会で、
今注目を集める「FX(次期主力戦闘機)の選定」に関する、
合同公開説明会が開かれた。
主催者側は、受注合戦を繰り広げる3社、
すなわちFA18/EFを推す米ボーイング社と、
ユーロファイターの英BAEシステムズ社、
そして最有力視されるF-35ライトニング2を有するロッキード社に
参加を要請した。
だが、ロッキード社だけが来なかったのだ。

欠席の背景には、
「ロッキード社の“焦り”がある」(防衛ジャーナリスト)と言われる。

ロッキード社のF-35は、
敵に発見されにくいステルス性などの能力で
ほかの2機よりも技術的に進んだ“第5世代戦闘機”と喧伝され、
日本の防衛省でもそのように位置づけてきた。
だが、一方でF-35だけが開発中の機体であることから、
スケジュールの遅延が懸念されていた。
さらに最近では、新たな問題が指摘され始めた。

米上院議会の軍事部会の席などで、
あらためてF-35計画は当初の想定よりも
開発コストが大幅増になる見込みが明らかにされた。
その影響で、現時点で2015年とされる共同開発国への納入
(初期作戦能力の獲得)が間に合わないのではないかとの
疑念の声も出てきた。
仮に、そうなると、日本の防衛省が
次期FXに求める16年度中という納入期日も
大きく影響を受ける可能性が高くなる。

これまで強気の姿勢を貫いてきたロッキード社にとって、
FX選定で微妙な時期を迎えた日本で
懸念がムシ返されるのは、都合が悪い。
加えて、実戦経験が豊富な改良型FA18やユーロファイターと
実際の性能差を比較して細部を追及されれば、なお分が悪くなる。
だから、同社は説明会への出席を拒んだと囁かれているのだ。

防衛省は、ロシアや中国が第5世代戦闘機を開発中であるとして、
それらの脅威に対抗するべくF-35を望んでいる。
それでも欧米の3社を競わせたのは、
F-35に高得点を取らせる条件設定でありながら、
選定過程をフェアに見せるためだったという観測がある。

たとえば、各社が提出した提案書では、
1人乗りの機体しかないF-35に合わせ、
各社に1人乗りの機体を使う運用計画を提案せよと指示しているのだ。
常に、高額で最新型の機種を欲しがる防衛省の思惑が透けて見える。

航空自衛隊が
試乗可能なテスト飛行用の機体が存在しない問題を抱えながら、
F-35は逃げ切れるか。
それとも、相対的に割安なFA18やユーロファイターの大逆転となるか。
はたまた、12年度の概算要求で計上した、
約550億円の使い道の再検討に着手するか──。

12月中には最終的な結論が出ると見られる。
1機当たり100億~200億円の税金を投じる高額の買い物だけに、
その結論と説明に注目が集まる。


http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/diamond-20111201-01/1.htm


関連記事
NEXT Entry
イラン中部の核施設で爆発か 英紙報道
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。