HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:中国  »  米国務長官ミャンマー入り 中国、いらだちと不満
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリントン米国務長官のミャンマー訪問に対し、
ミャンマーの長年の盟友、中国はいらだちと不満を覚えている。
米国の影響拡大により
ミャンマーの中国離れがますます加速することを警戒しているからだ。
30日付の共産党機関紙、人民日報傘下の環球時報は社説で
「米国は中国のアジアの仲間を一人ずつさらっていこうとする」と
米国への不快感をあらわにしている。

今年3月に民政移管されたミャンマーは、
軍事政権時代に中国と蜜月関係を構築してきた。
北朝鮮、パキスタンと並んで、中国の3大盟友の一角を占め、
中国からは経済、インフラ建設、軍事など
多くの分野で支援を受けてきた。
ミャンマーが人権や民主化問題などで、
国連など国際社会から批判にさらされたときも、
かばってきたのは中国だった。

一方、中国は、
中東から運ばれる原油をミャンマー西部の港を経由して
中国国内へ運ぶパイプラインを建設し、
雲南省など国内の電力確保のために
ミャンマーで発電所開発計画を進めるなど、
ミャンマーに対し絶対的な信頼を寄せていた。
中国海軍の将来のアジア展開をにらみ、
中国はミャンマーの港湾整備にも積極的に関わってきた。

しかし、中国資本がミャンマー経済を牛耳るようになり、
中国系住民の影響力が拡大するのにともない、
ミャンマー国民の反中感情が高まったのも事実だ。

こうした状況を受け、ミャンマーの新政権は
中国と距離を取るようになり、国際社会との融和を目指し始めた。

ミャンマーの中国離れが進むことは、
中国にとって重要な盟友を失うだけではなく、
これまでの支援と投資が無駄になり、
対アジア外交政策の全般の見直しが迫られるほど重要な意味を持つ。
北京の政府系シンクタンクの研究者は
「ミャンマーに裏切られた気持ちはあるが、
今は米国とどこまで接近できるのか静観するしかない」と話す。

クリントン長官訪問に先立つ11月28日、
中国の習近平国家副主席は、
訪中したミャンマー国防軍のミン・アウン・フライン総司令官と会談、
軍事交流を深めることのほか、
「中国はミャンマーの民族団結と経済発展を支持する」と語った。

「民族団結を支持する」とは
ミャンマーの少数民族である、
中国系住民の武装勢力を支援しないとの意味が込められ、
ミャンマーへの懐柔を始めたと受け取られている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111201-00000097-san-int


関連記事
NEXT Entry
FX(次期主力戦闘機)選定で有力機に次々と浮上する問題
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。