HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:ロシア  »  ロシア、最新ミサイル導入へ…対米冷却化不可避
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロシアのメドベージェフ大統領は23日放送のテレビ演説で、
米国と北大西洋条約機構(NATO)が
欧州で進めているミサイル防衛(MD)計画への対抗措置を発表した。

MD関連施設を直接標的とする最新の短距離ミサイル、
「イスカンデル」のNATO隣接地域への配備や、
MD網を突破する戦略弾道ミサイルの導入などを進める意向を表明した。

演説は、米側との交渉に最後通告を突きつけるものだ。
新戦略兵器削減条約(新START)締結に象徴される、
米露関係の「リセット」は、
強硬な対米姿勢を示してきたプーチン首相の大統領返り咲きをにらみ、
冷却化が避けられない情勢となった。

大統領は米国とNATOが
MD構築で「ロシアの懸念を考慮していない」と批判。
対抗措置として
〈1〉欧州側の飛び地カリーニングラードでの早期警戒システム導入
〈2〉核戦力の防衛態勢強化
〈3〉MDの情報管理システムを破壊する手段の開発
などを挙げた。
〈3〉は、ロシアが中国と並び力を入れる、
「サイバー攻撃」を意図しているとみられる。

さらに、大統領は米国との交渉が決裂した場合、
NATO加盟国に隣接するロシア西部や南部に
MDを無力化する攻撃兵器を配備する考えを表明。
その一環として、カリーニングラードにイスカンデルを配備するとした。


http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20111123-OYT1T00811.htm?from=main7


関連記事
NEXT Entry
中ロは、それなら何故反米同盟を構築できないのか
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。