HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:韓国・北朝鮮  »  韓国の若年失業率、実質16.7% 雇用情報院による統計では76万人 政府の統計「7.6%」と大きな差
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
地方の私立大学を卒業したキム・ミンソンさん(26)=仮名=は
最近、続けざまに見合いをしている。
だが、結婚相手はなかなか見つからない。
「相手が私を気に入ってくれても、
仕事をしていないという話を聞くと辞退してしまう。
仕事が見つからず、早く結婚しようと思ったが、
なかなか思い通りにいかない」とキムさんはこぼした。

キムさんは「失業者」には含まれていない。
統計上の失業者に含まれるのは、履歴書を提出するなど、
求職活動をしている人だが、キムさんは就職をあきらめた状態だからだ。
だが、キムさんは、機会さえあればいつでも仕事に就く準備はしている。

政府が集計した昨年第3四半期(7-9月)の
韓国の若年失業率(15-29歳)は7.6%だったが、
同じ期間の実際の若年失業率は
16.7%に達するという調査結果が発表された。
就職を希望する若者6人のうち1人が就職できず、
苦痛にあえいでいるというわけだ。


■実質的な若年失業率、6年間で4.5%上昇

22日に統計庁が主催した「マイクロデータ利用者コンファレンス」で、
韓国雇用情報院のパク・ミョンス研究員は
「政府が発表した若年層(15-29歳)の失業率は、
2004年の7.5%から、昨年は7.6%に上昇したが、
実質的な若年失業率は、同じ期間に12.2%から16.7%と、
4.5%上昇した」と発表した。

これは、失業者統計には含まれていないものの、
実質的に失業状態にある若年層を含め、
実質的な若年失業率として推計した結果だ。
この中には、私塾などに通いながら就職の準備をしている、
「就職準備者」や、長い間就職がうまくいかず、
自ら就職をあきらめた「就職断念者」が含まれる。
就職がうまくいかず、
公務員試験などの準備をする人が増えていることが、
実質的な若年失業率の上昇に拍車を掛けている。

パク研究員は「若年層のうち、就職準備者と就職断念者を合わせた数は、
04年の32万7000人から、昨年は46万6000人と、42.5%増加した。
現在の統計は、こうした数値を十分に反映できていない」と指摘した。


http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2011/11/23/2011112301282.html


関連記事
NEXT Entry
ロシア、最新ミサイル導入へ…対米冷却化不可避
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。