HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:サイバー戦関連  »  ロシアのハッカー集団 初めて米国施設を破壊 日本は?
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し前に、米国はロシアの犯罪的ハッカー集団、
Russian cyber criminals が米国を攻撃しているとして、
現実の空爆攻撃も辞さないという発言をしたと記事にしたが、
具体的に米国で被害が出ていると報道され、
それも都市の水源施設を破壊されるという事実があったようだ。

ロシアのサイバーテロ犯罪集団が、
米国イリノイ Illinois州スプリングフィールド 市Springfieldの
水供給施設のコンピュータープログラムに進入し、
遠隔操作でポンプの開閉を連続して行い、
機械を破壊していたことが確認された。

施設に侵入のための名前やパスワードは、
ソフト会社に侵入して入手していた。
2011年11月8日に確認された事態に対し、
管理機関は「憂慮すべき先例:a worrying precedent 」という表現で
危機感を言い表している。

危機管理の専門家は
「これは、確認された外部からの攻撃による初めての被害で、
社会基盤(インフラ:infrastructure)の危機である。
彼らが施設本部に侵入したことから、
しようと思えば何でもできただろう。」と、
施設が危機的状況をあると言い、
現在FBIを含む捜査機関が捜査を行っている。

今回侵入された、
SCADA:Supervisory Control and Darticle-Acquisition
という名のコンピューターソフトは
世界中の機械や施設で使用され、
原子力施設、原油採掘施設でも使用されていることから、
世界中にとっても憂慮すべき状況だと警告が出された。
多くがこの種の犯罪に対策がされていないため、
どれほど多くが危機に直面したのかは、まだ把握できていない。
不幸にもイリノイ州の施設は破壊されたが、日本は大丈夫なのだろうか?


http://news.livedoor.com/article/detail/6054054/


関連記事
NEXT Entry
艦載機制動ワイヤ調達失敗 中国の空母開発に壁
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。