HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:欧州  »  欧州でポピュリズム政党の勢力拡大続く 移民政策に反旗
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
欧州の一部地域でポピュリズム(大衆迎合)政党が勢いを増している。
こうした政党の多くは他文化政策を批判し、
移民の受け入れによってナショナルアイデンティティー(国民意識)が
脅かされていると主張している。

オンラインでの支持者集団形成も進んでおり、
支持基盤を拡大して欧州連合(EU)加盟各国の議会や欧州議会でも
議席を獲得するに至った。

英国の民間シンクタンク「デモス」が行った調査によれば、
欧州には現在14の大規模なポピュリズム集団があり、
交流サイト「フェイスブック」で
合わせて約43万6000人のフォロワーを獲得している。
なかでも極右の英国独立党とオーストリア自由党は
それぞれ8万人を超えるフォロワーを得ているという。

デモスはフォロワーに調査を実施、
1万2000以上のアカウント利用者から回答を得た。
こうしたフォロワーのうち32%は21歳未満だった。
回答者の大半は、移民問題とイスラム原理主義を
最大の懸念事項に挙げた。

拠点別に主張を見ると、
フランスの国民戦線とアイデンティティー連合は
移民問題に重点を置いており、
オランダ自由党はイスラム過激主義を最大の争点としている。
自由党はオランダの連立政権に参加しており、
党首はイスラム教を「ファシスト的」と批判している。

ポピュリズム政党支持者の多くは、
今回の調査でイスラム系移民が居住地の文化に同化したがらないことや、
女性のブルカ着用などの
文化的価値観の相違がある点を憂慮していると回答した。

ポピュリズム政党が支持を拡大する背景には、
政治への不信があると考えられる。
政府を信頼していると回答したのは約20%で、
政治腐敗や政治家の国民からの乖離を指摘する回答が多く寄せられた。

また、EUに対する評価をみても、
大多数の回答者がEUの域外国境管理は不十分だとし、
文化的アイデンティティーが失われつつある責任はEUにあると回答した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111120-00000006-cnn-int


関連記事
NEXT Entry
米宇宙ベンチャーに降りかかる予算削減と技術的問題
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。