HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:中国  »  中国、地方債発行という禁じ手
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ奥の手「地方債権」を発行して運転資金を調達へ。
バブル破綻の破局を中国は回避できるか。
不良債権爆発の足音が聞こえる


不動産価格四割暴落が秒読みの中国で、地方政府の財政も切迫してきた。
 
土地の切り売り、不動産取引の増大による歳入膨張によって
強気の再投資を繰り返してきた中国だが、
地方政府の財政に息切れが激しくなった。

もともと中国には固定資産税、贈与性、相続税がないから、
不動産の取引が激減すれば歳入も平行して激減する
(固定資産税の試験的導入は上海、重慶など
ごく一部で実験されているにすぎない)。

11月15日、上海市は中国で初めての地方債権を発行した。
総額71億元(邦貨換算(923億円)、
利率は三年ものが3・1%、五年債が3・3%、
これは中国国債の利率と同水準である。
 
同様に同月18日に広東省が69億元を、
21日には浙江省が67億元の「省政府債」をそれぞれ発行する。1
2月には深せん市も独自に22億元の市債を発行する予定。

北京の中央政府がこれまで地方債権を代理発行して、
調達した資金を地方政府に配分してきた。
というのも、地方政府はこれまで銀行からの借り入れや
独自の地方債権発行を禁じられていたからである。

ところが「産経新聞」上海支局の河崎真澄特派員に拠れば、
中国33省(直轄市の北京、上海、天津、重慶を含む)の
財政赤字トータルは、累積で10兆元(邦貨130兆円)、
今年度九月末段階でも、
すでに1兆7638元(邦貨23兆円弱)に膨らんでおり、
中央政府の財政黒字分1兆2182億元(邦貨15兆円)を超える。
 
そのうえ、30%は確実に不良債権化すると見積もられている。

こんな債権をどの機関投資家が買うのでしょうか?


http://melma.com/backnumber_45206_5341130/


関連記事
NEXT Entry
米、インドネシアにF16供与 中国牽制狙い
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。