HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:軍事  »  日本製ステルス機「心神」、5年後の初飛行目指す=英誌
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米国のステルス戦闘機F-35の調達を進めてはいるが、
日本は国産ステルス機の開発を放棄したわけではない。
英ジェーン・ディフェンス・ウィークリー(JDW)は16日、
防衛省技術研究本部と三菱重工は
まもなく先進技術実証機「心神」(ATD-X)を公開すると報じた。

日本航空自衛隊の吉岡秀之氏は
「日本のステルス戦闘機開発には何の問題もない。
われわれは優れた戦闘機を生み出す」と語った。
中国網日本語版(チャイナネット)が報じた。


防衛省は年内にも三菱重工とATD-X製造契約を結ぶ予定で、
すでに同計画に5億500万ドルの開発費を投入している。
初飛行は2016年の予定。
吉岡氏は、「2016年の初飛行は
日本の航空事業にとって非常に重要」とし、
「日本の既存のレーダー基地で、
現役の第3世代、第4世代戦闘機は探知可能だが、
中国の殲20やロシアのT-50など
今後、周辺国で就役する第5世代戦闘機に
対応可能かはまだわからない」と話す。

ATD-Xは
主に日本が自主開発した航空機のステルス材料、先進的機動性、
エンジン、レーダー、飛行制御など数々の技術検証に使われる。
同計画は当初、米国の技術介入を避けていた。
その理由は、日本がF-2支援戦闘機を開発中、
日本に近代戦闘機の技術を掌握させないよう、米国が横槍をいれ、
多くの政治問題や経済問題が起きたからだ。
ATD-Xは、エンジン2台、三角尾翼、推力ベクトル、
先進的なアクティブフェーズドアレイレーダーを装備し、
米F-22に類似した点が多い。

防衛省はATD-Xを基礎に、先進的な軍事航空技術を手に入れ、
情報化、スマート化、クイック・レスポンス、
対ステルス性能を備えた第6世代の「3i戦闘機」を開発し、
現役のF-2戦闘機の後続機として、
航空自衛隊の次世代の制空攻撃主力機種にしたいと考えている。
ATD-Xはすぐに日本の次世代戦闘機になるわけではないが、
F-2の後続機のステルス技術や操作性を検証するのに
重要な役割を果すとみられる。

防衛省は新戦闘機の開発に燃えているが、
日本の経済状況や差し迫った戦闘機配備の必要から、
日本は最終的に米製F-35の調達を優先させるだろう。
F-2の事例があるため、ATD-Xが将来、
本当の意味で日本の国産戦闘機になるかまだわからない。


http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1118&f=politics_1118_007.shtml


関連記事
NEXT Entry
中国、地方債発行という禁じ手
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。