HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:軍事  »  ステルス機の生産技術提供へ=F35、日米政府合意条件―ロッキード社長
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
防衛省の選定作業が大詰めを迎えた、
航空自衛隊の次期主力戦闘機(FX)をめぐり、
レーダーで捉えにくいステルス性が売りのF35戦闘機を推す、
米ロッキード・マーチンの
クリストファー・クベシック社長兼最高執行責任者(COO)が17日、
都内で時事通信の単独インタビューに応じ、
日米両政府が合意すればステルス機の生産技術を
日本側に提供する意向を明らかにした。
同社首脳がFXに関連し国内メディアの取材に応じたのは初めて。
 
日本のステルス技術は
機体形状や素材などの基礎研究段階にとどまり立ち遅れているのが現状。
量産化技術の移転は、
将来の国産戦闘機開発を目指す防衛省に高く評価される可能性がある。
 
クベシック社長はステルス機の生産技術について、
「非常に複雑で精度が高く、機体表面の処理など一つ一つが
(従来機とは)違う」と説明。
完成時の機体には継ぎ目のない精密さが欠かせず、
手作業の工程を減らす高度な技術が必要という。
 
同社は機体の最終組み立てなどを日本側に認める方針を示していたが、
こうした機密性の高い生産技術に関しても、
「日米両政府が合意すれば、日本の産業界に開示されていくと思う」
と述べた。 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111117-00000144-jij-soci


関連記事
NEXT Entry
南北送ガス管事業 北朝鮮は年1億ドル収益=露高官
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。