HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:中国  »  進む中国のインド洋支配 パキスタンに軍港
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
香港メディアのアジア・タイムスは2011年10月26日、
パキスタンは、同国南西にあるグワダル港に
中国海軍基地建設を中国に求めていると伝えた。

対テロ対策と目して
パキスタン北部の軍事基地建設に関心を注いでいた中国だが、
軍事港建設には、増強を重ねるインド海軍に対抗して、
対インド国境問題やインド洋戦略の拡充が狙いと見られている。
もし両国が基地建設で合意すれば、初の中国軍基地となる。

2007年開港のアラビア海に面するグワダル港は、
パキスタンで唯一、大型貨物船や潜水艦も寄港できる大型港。
当初から中国当局が8割の建設資金を提供していた。
ペルシャ湾から東アジア方面に向かうタンカーの唯一のルートであり、
中国海軍基地が建設されれば、
軍艦隊のインド洋海域における戦略的要地となりうる。

中国がパキスタンのグワダル港建設を始めた頃から
噂されていた軍港化が具体的になりそうだ。
パキスタンの港湾建設が始まった頃、
中国は単なる港湾建設の受注だと嘯いていたが、
その建設費の80%を中国が負担し、
世界はそれを単なる建設受注とは信じていなかった。

この十数年間で中国は、インドを取り囲む形で
軍事基地や軍艦の収容が可能な大規模港湾を整備し、
「真珠の首飾り作戦」と呼ばれる同作戦は、
南シナ海の海南島にある大規模中国海軍基地をベースに、
バングラデシュ、ミャンマー、スリランカ、パキスタンにまたがり、
インド洋支配の完成に近づいた。

中国の海軍力の強化の理由に、
対米核戦略だともインド、台湾への圧力とも言われているが、
武器輸出に干渉されたくないという理由もあるだろう。
すでに、北朝鮮、パキスタンへの
核の供給元が中国なのは歴然としていて、
多くは秘密裏に海上輸送で行われたといわれている。

国連は禁輸物資輸出の確認のため海上査察の権利を持っているが、
中国海軍の充実は、
これらを強引に跳ね除ける意味も持っているのではないだろうか?


http://news.livedoor.com/article/detail/6006226/


関連記事
NEXT Entry
パネッタ国防長官の予算削減対象は「聖域」も
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。