HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:韓国・北朝鮮  »  韓国軍の予備弾薬、全面戦争起きれば半月も持たない 予備役将官が指摘
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年8月に実施された韓米合同軍事演習、
「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン」(UFG)の結果、
戦時に韓国軍の主要戦闘装備や弾薬が不足するという、
対北朝鮮戦争の持続能力の問題が明らかになった。

韓米UFG演習当時、観察官を務めた金テギョ予備役陸軍少将は2日、
ソウル龍山区(ヨンサンク)の戦争記念館で行われた、
「2011陸軍政策フォーラム」での主題発表を通じて、
今年のUFG演習を参観した結果、戦車や火砲など主要戦闘装備の
戦時備蓄量が不足していることが明らかになったと述べた。
金氏は、砲兵弾薬の戦闘予備弾薬も不足し、
戦時装備の補充と弾薬の再補給、
整備および軍需部隊の増・創設などに困難が生じたと指摘した。

金氏は、「軍当局が、戦時に不足する装備を補充するために
タイやフィリピンから戦車や火砲、装甲車を緊急導入すると報告したが、
これは現実的に容易ではない」と主張した。

また、主要装備・弾薬に対する産業動員能力も
低調であると判断されたと明らかにした。
全面戦争が勃発すれば、民間産業分野が戦時動員体制に転換され、
戦争に必要な装備・弾薬を生産しなければならないが、
動員能力が不十分なため生産期間が長くなり、
韓国軍の戦争持続能力の保障に対する制限事項として作用したという。

さらに、「軍当局は有事の際、現在の兵力動員制度によって
戦時に必要な兵力動員が可能だと見ているが、
様々な要因を考慮すれば、動員に支障が予想される」とし、
実質的な検証と対策が必要だと強調した。
また「韓米連合軍司令部の枠組みでは、
在韓米軍司令官が韓米連合軍司令官を兼任しており、
韓国は必要な軍需物資の支援をある程度受けることができるが、
15年の戦時作戦統制権の返還後、
両国がそれぞれ司令部を構成すればこのような利点がなくなる」と
懸念を示した。

このため防衛事業庁は、今年の予算執行後の残余金を
基準値に達しない戦闘予備弾薬の追加確保に使用する方針だ。

防衛事業庁が
国会国防委員会所属の辛鶴用民主党議員に提出した資料によると、
戦闘予備弾薬の保有日数は基準値(30日)の半分にも満たなず、
特に陸軍の主砲であるK9自走砲用155ミリは、
基準値に達しないという深刻な状況であることが分かった。

防衛事業庁は、防衛力改善予算から
毎年2000億~3000億ウォン規模の執行残額を
優先的に弾薬購入に充てることを決めた。
防衛事業庁関係者は、「陸軍の弾薬だけでなく
長距離対潜水魚雷の「ホンサンオ」や空対地誘導弾など、
海軍・空軍で不足している誘導兵器も追加確保する方針だ」と述べた。


http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2011110398958


関連記事
NEXT Entry
兵士10万人増強を提案、中国にらみインド軍
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。