HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:南アジア  »  ムシャラフが亡命先から来年、パキスタンへ帰国を表明
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ムシャラフ前パキスタン大統領、2012年に帰国を表明。
亡命先で新政党結成を示唆し、政治への復帰をなすと発言した。

ムシャラフ前大統領は陸軍参謀総長だった。
シャリフ大統領(当時)が、このムシャラフの政治的影響力を恐れ、
重大な政敵とみなしていたため、
外遊から帰国しようとしたとき空港に障害物をならべ着陸を拒否した。
ムシャラフはほかの空港に着陸し、同時に軍事クーデターが勃発、
ぎゃくにシャリフが海外亡命を余儀なくされた。

ムシャラフが権力を掌握した直後に911テロが起きた。
 
ムシャラフは決断がはやく、ただちに米軍の空軍基地使用を認めた。
パキスタンは四カ所の基地を米軍の兵站輸送拠点として提供し、
かわりに膨大な援助を受けた。
 
国民の大半がムシャラフの強力な指導力を支持し、
かれは大統領となる。

それからブッド女史がパキスタンへ帰国し、首相に復帰。
すぐに暗殺された。
シャリフも帰国した。
ブッドの夫が大統領となり、パキスタン政局は揺れ動き、
ムシャラフはブッド暗殺の嫌疑をかけられて、
大統領弾劾に持ちこもれそうになった。
すぐにパキスタンを離れた。

爾来、三年の歳月がまたたくまに流れ、
ザルダリ現大統領では政治力量がとぼしく、
パキスタンはやはりムシャラフを必要とする状況となった。
ザルダリはそもそも汚職の象徴といわれ、長く海外へ亡命していた。

亡命―帰国―政界カムバックというのは
パキスタン政治の一種のパターンであるかのように、
ムシャラフは亡命先で西側のメディアに答え、
2012年に帰国し、政界に復帰する。
新政党を組織すると語った
(アルジャジーラ、10月27日)。


http://melma.com/backnumber_45206_5323541/


関連記事
NEXT Entry
北の軍事挑発に在日米軍投入も…米韓が方針
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。