HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:日本  »  日本船舶に「武装カード」 海賊対策で政府検討
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
政府が、ソマリア沖の海賊への対策強化策として、
海賊被害が多発している海域を航行する日本籍の民間船舶に、
武器を携行した海上自衛官や海上保安官を
乗船させる検討に入ったことが21日、分かった。

ソマリアの海賊は同国沖・アデン湾から、
東方のアラビア海や南方のケニア沖まで活動範囲を拡大。
海自や各国海軍艦艇が
現在実施している特定海域での護衛では対処しきれないため、
新たな抑止力として「武装ガード」案が浮上した。

防衛省は武装ガード導入に向け、
アデン湾で警護活動に当たっている海自護衛艦などの
派遣根拠「海賊対処法」の改正が必要か検討に着手。
護衛艦に8人の保安官を同乗させている海上保安庁も、
民間船舶への乗り込みの検討に入った。

現在、海自は護衛艦2隻で
アデン湾を航行する民間船舶を約900キロにわたり警護し、
P3C哨戒機による警戒監視も実施。
米国や英国、フランスなどの各国艦船と哨戒機も対策に当たっている。

海自や各国軍がアデン湾で警戒を強めるなか、
ソマリアの海賊はアデン湾を離れ、
アラビア海やケニア沖を航行する民間船舶を狙い始めた。
日本船主協会(東京)によると、
アデン湾の海賊被害が減少傾向にある一方、
アラビア海などは急増。
今年も昨年の144件を上回るのは確実だ。

被害多発海域の変遷にあわせ各国軍が護衛エリアを移動させると、
海賊はまた別の海域に移動する「イタチごっご」が続く。
このため、軍要員の乗船が最も実効的な対抗策として、
フランスやオランダはすでに武装ガードを採用、
イタリアも今月末に始める。
米国は民間軍事会社などの武装警護員を乗船させている。

日本籍船は民間人による船内への武器持ち込みは認められていないため、
船主協会や経団連は
政府に海自隊員や海上保安官の乗船を強く要請している。

政府内では、各国軍の方式を念頭に
1隻につき数人の要員を乗船させる案が妥当とされており、
海自の特殊部隊「特別警備隊」の投入なども想定される。

ただ課題もある。
海賊問題に詳しい東海大の山田吉彦教授が
「武装ガードは国際基準が確立されていない」と指摘するように、
武装した人員が乗った民間船舶の領海通過を認めない国もある。
襲撃してきた海賊に応戦すれば、
民間船舶側の人的被害のリスクが高まることも懸念される。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111022-00000512-san-pol


関連記事
NEXT Entry
カダフィ以後のリビアの運命は?
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。