HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:欧州  »  ウクライナ前首相裁判 東西から圧力 大統領の誤算
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウクライナの親欧米派、ティモシェンコ前首相が
ロシアとの天然ガス取引をめぐる職権乱用罪に問われた裁判が
このほど結審し、11日にも判決公判が開かれる見通しとなった。

欧州連合(EU)は
裁判がヤヌコビッチ大統領による政敵排除の試みだとして圧力を強化。
ロシアも「ガス取引に違法性はない」と
ヤヌコビッチ大統領を批判する事態となり、
判決の行方が注視されている。

ティモシェンコ氏は、
ロシアがウクライナ向けの天然ガス供給を停止する、
“ガス紛争”のさなかだった2009年1月、
不当に高いロシア産ガス価格を受諾し、
国庫に損害を与えたとして起訴された。

検察側が禁固7年を求刑したのに対し、
ティモシェンコ氏は9月29日、約4時間に及んだ最終弁論で
「これは古典的なリンチ(私刑)裁判だ」と猛反発し、
徹底抗戦を宣言した。

ティモシェンコ氏は04年、
親欧米のユシチェンコ前政権を誕生させた「オレンジ革命」の立役者。
10年2月の大統領選では親露派だったヤヌコビッチ氏に
僅差で破れた経緯がある。

EUは、有罪判決が出た場合には
ウクライナと進めている「自由貿易協定」締結に関する交渉を
放棄する構えを見せ、罪状の撤回を要求。
米国も裁判を「政治的動機によるもの」とみて憂慮を表明している。

親露派とされていたヤヌコビッチ氏は大統領就任後、
EUとの統合路線を打ち出して
EU・ロシア間のバランス外交に転じており、
EUとの関係悪化は氏にとって打撃となる。

一方、ロシアがティモシェンコ裁判の批判で欧米に同調したのは
ヤヌコビッチ氏の誤算だった。
ロシアは、ヤヌコビッチ大統領が
ティモシェンコ氏を裁判にかけることで、
09年に合意されたガス価格を引き下げようと
恫喝を始めたと受け取めている。

ロシアはベラルーシ、カザフスタンとの「関税同盟」に
ウクライナが加わることなどを価格見直しの条件に突きつけており、
東西に挟撃されたヤヌコビッチ氏は難しい立場に置かれている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111003-00000587-san-int



関連記事
NEXT Entry
中国にハッカー100組織…軍・公安が暗躍か
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。