HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:ロシア  »  露大統領選 権力闘争に敗れたメドベージェフ氏
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロシアのプーチン首相の大統領選出馬が決まった背景には、
メドベージェフ大統領の力不足、
このままでは国家が崩壊するというプーチン首相と官僚、
国会議員ら政治エリートの強い危機意識があった。
メドベージェフ氏は再選への強い意欲を持っていたが、
日本や中国をめぐるプーチン氏との戦略の違いから、
大統領職を辞さなくてはならない“包囲網”を敷かれてしまっていた。

プーチン氏は中国をアジア最大の脅威と見なし、
それに対抗するため日本との関係を重視していた。
しかしメドベージェフ氏が対日関係悪化を招き、
日本というカードを使えない状況を生み出してしまっていた。

メドベージェフ氏の最大の失敗は対北朝鮮外交だ。
メドベージェフ氏は北朝鮮との関係改善で
国際社会での地位向上を目指す戦略を打ち出したが、
プーチン氏は北朝鮮が日本との間で
拉致問題を抱えている事実を強く認識していた。
さらに大統領は天然ガスを韓国、北朝鮮に送る方針を示したが、
これはガスの対日輸出が細ることを意味する。
今回、北朝鮮の金正日総書記はモスクワを訪問しなかったが、
これはプーチン氏側が
金総書記の公式訪問という形を取らせなかったためだ。

またメドベージェフ氏は
ロシアのナショナリズムをあおるため北方領土を訪問し、
領土交渉は完全にゼロの状態に陥った。
プーチン氏は(平和条約締結後の歯舞、色丹両島の
日本への引き渡しを定めた)「56年宣言」を
ロシアにとって「義務的なもの」と認識しており、
この点でも2人の戦略は大きく異なる。

ただ、プーチン氏が親日家だというわけではない。
中国に対抗するために日本が大事だという、
乾いた力の外交の考えを持っているということだ。

プーチン氏が大統領となれば、
日本との関係ではまず北方領土問題が動き始めるだろう。
交渉は大変で、ロシアが四島をすぐに返すということは考えられないが、
日本人の感情を逆なでするやり方はないだろう。
また日本へのガス輸出でも、対中牽制という意味合いから
日本に優先的に送ると考えられる。

ただ、プーチン氏はタフ・ネゴシエーターだ。
それに向き合うだけの外交的な基礎体力が日本側にあるだろうか。
野田佳彦首相は外交に弱いという側面が否めず、
ロシアに“してやられる”可能性は少なくない。


http://sankei.jp.msn.com/world/news/110925/erp11092506490003-n1.htm


関連記事
NEXT Entry
次期戦闘機「提案」締め切り=選定作業を本格化―防衛省
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。