HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:米国  »  古森義久ワシントン報告「アメリカの中国研究」第3回
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポール・ジアラ氏といえば、
日米防衛問題にかかわる関係者の間ではかなり知られた人物である。
1990年代の前半には4年ほど国防総省の日本部長を務めた。
当時の私も日米安保関連の取材ではよくジアラ氏に接触した。
彼はアメリカ海軍のパイロット出身で
海軍大学での海軍戦略研究にもたずさわった。

ところが日米防衛問題のそんな専門家が
最近は中国の海軍の研究に取り組んでいると聞いた。
意見を尋ねにいった。
そもそも日本の専門家がなぜ中国の海軍の研究なのか。

『中国海軍というのは、いまやまさに日米防衛問題なのです。
中国海軍の台頭と拡大は日米同盟への挑戦だからです。
中国海軍はいま西太平洋や東アジアの全海域での
アメリカ海軍の年来の制海権にチャレンジしているのです』

ジアラ氏の説明は簡単だった。
つまり中国の海軍は日米同盟に大きな影響を与えるところまで
増強されてきたというのである。
だから日本の防衛の専門家までが
中国の海軍の研究に回るようになったというわけだ。
象徴的な動きだといえる。


http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/2316357/



関連記事
NEXT Entry
広州で1000人規模の大暴動発生 パトカー次々と破壊し、建物に乱入
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。