HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:日本  »  羽田管制官、“極秘情報”米大統領機の飛行計画漏洩 守秘義務違反か ブログにアップ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
羽田空港の50代の男性主任航空管制官が、
米大統領専用機「エアフォースワン」や、
米軍偵察機の飛行計画などの情報を
インターネット上に流出させていたことが9日、分かった。

情報はすでにネット上から削除されているが、
国土交通省航空局は「問題を重く受け止めている」として、
本格調査を始めた。“極秘情報”のずさんな取り扱いが、
日米関係に影響を与えることは必至だ。

国交省や関係者によると、
流出したのは「フライトプラン(飛行計画)」などの情報。
オバマ米大統領が昨年11月に来日した際、
搭乗していたエアフォースワンの飛行中に、
管制官がコンピューター端末からプリントアウトしたものを
カメラで撮影し、ブログにアップしたとみられる。

飛行計画には、韓国・ソウルの軍事基地から出発し、
羽田空港に到着するまでの
詳しい経由地と通過時間が記載されていたほか、
巡航高度や、搭載されている無線設備の標識なども書かれていた。

また、東日本大震災で被災した、
東京電力福島第1原発のデータを収集するため、
グアムから3月に飛び立った米軍無人偵察機、
「グローバルホーク」の情報もブログに掲載。
運航経路や高度などのほか、
現在地が記されているレーダー情報もあった。
日米両政府は現在まで、
偵察機から撮影された映像などのデータを一切公開していない。

この管制官はほかにも、業務中に入手したとみられる管制情報や、
日本の政府専用機の機体を撮影した写真なども公開していた。

産経新聞は今月8日に国交省に流出を指摘。
同省航空局は男性管制官から事情聴取した上で、
ほかに関与した人物がいないか調べるとともに、
飛行計画などの情報の管理体制がどうなっていたかを確認している。

飛行計画は航空法により、事前に管制機関に通報する必要があるが、
軍用目的などの際は通報義務から除外される。
民間航空機の飛行計画は航空会社の担当者も把握できるが、
政府や各国の軍事機関の情報は管制官しか見ることができない。
航空関係者は「飛行ルートが分かれば、
次回どのようなルートを使うか推測できる」としている。

管制官の不祥事をめぐっては今年7月、
短文投稿サイト「ツイッター」で管制施設内見学ツアーを
企画、実施していたことが判明し、
再発防止のための検討会を発足させていた。


http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110910/crm11091001370003-n1.htm


関連記事
NEXT Entry
国際戦略コラムno.4112.ロシアの意図は何か?
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。