HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:日本  »  日本人の7割強が「中国嫌い」 在日米軍基地「必要」が増えて6割に迫る
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本と中国でお互いのイメージが悪化する中、
日本側の中国に対する厳しい見方が改めて浮き彫りになった。
米国のAP通信などが日本で行った世論調査によると、
中国について「嫌い」と答えた人が7割以上。
その一方で、米国については約半数が「好き」と答えており、
米軍基地についても「維持すべき」との声が10%も伸びている。

日中関係をめぐっては、
日本のNPO「言論NPO」と中国の英字紙「チャイナ・デーリー」が
2011年8月に発表した世論調査で、
相手国に「良くない印象を持っている」と答えた人の割合は、
日本で前年比6.3ポイント増の78.3%、
中国で10ポイント増の65.9%で、05年の調査開始以来最悪となった。

調査は、調査会社のGfKとAP通信が7月29日から8月10日にかけて、
全国の成人1000人を対象に電話で行った。
米国メディアの立場から、
関心があるテーマについてストレートに聞いている。

特に風当たりが強いのが、北朝鮮と中国だ。

例えば、いくつかの国について、
「好き」「嫌い」「どちらでもない」といった選択肢から
評価してもらったところ、「好き」が多かったのが米国(49%)、
ドイツ(48%)、韓国(31%)といった国々。
逆に、「嫌い」が多かったのが、北朝鮮(94%)、中国(76%)、
イスラエル(44%)、ロシア(同)だった。

各国の元首や首脳についても同様で、
「好き」が最も多かったのが天皇陛下で70%。
米オバマ大統領(41%)、独メルケル首相(28%)が続いた。
「嫌い」が多かったのは、北朝鮮の金正日総書記(90%)、
中国の胡錦涛主席(68%)、菅直人前首相(65%)、
ロシアのプーチン首相(47%)だ。

「中国は世界平和への脅威だと思うか」という質問については、
73%が「はい」と回答。
北朝鮮についても、80%が「はい」と回答し、
05年調査の59%から大きく上昇した。

この様な状況を反映したのか、米軍基地を容認する声は増加している。
「日本における軍事プレゼンスを維持すべき」との回答は57%で、
05年調査の47%から10ポイント伸びた。
逆に、「日本から撤退すべき」との回答は34%で、
05年からは10ポイント減少している。


http://www.j-cast.com/2011/09/06106468.html


関連記事
NEXT Entry
北朝鮮が通信障害兵器を開発中 完成すればソウルで大規模障害か
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。