HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:中国  »  中国軍高官によるスパイ事件の解説がネット流出 日本絡みの件も
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国の軍高官や外交官が日本や米国などに
機密情報を提供していたとされるスパイ事件について、
中国軍の高官が講演で紹介している様子を映した動画が
インターネットの動画サイト「ユーチューブ」などに投稿された。
これまでは公にされていなかった事件についても言及しており、
国際社会からの注目を集めている。

問題の動画は、中国国防大学で講師をしている金一南少将が
今年3月17日に同国の大手保険会社、
中国人寿保険の社員向けに行った講演の様子を映したものとみられる。

金氏はこの中で、
過去に起きた8件のスパイ事件についてスライドを使って説明。
このうち2000年に米国に亡命した、
中国国防省の元渉外局長については、
中国軍の高級将校と懇意にしながら米国に情報を提供したと述べ、
「彼が米国に与えたのは
われわれのミサイルの数や技術関連の情報ではなく、
われわれの指導部の人間性や意思決定方法といった情報だった。
これらは重要な機密情報だ」と説明した。

日本絡みでは、在日中国大使館で
軍の渉外担当をしていた人物が日本のスパイだったとして
2007年に国家機密漏洩の罪で
執行猶予付きの死刑を言い渡された事件について解説した。
金氏によれば、この人物は大使や大使館員の執務室に盗聴器を仕掛け、
定期的に大使館の窓を開けて
日本が監視装置を使って大使館内部をのぞけるようにしていたという。
この事件は中国ではほとんど報道されなかった。

駐韓国大使だった人物が、
ソウル駐在当時から中国に帰国した後に至るまで
韓国に情報を提供していたとされる事件も紹介された。
金氏は、これによって北朝鮮の核開発をめぐる6者協議で
中国の戦略的利益が大きく損なわれたと批判。
「世界中を見渡しても、他国のスパイになる大使が
ほかのどこにいるだろうか」と問い掛け、
中国は「体面を保つため」、スパイ罪ではなく
経済犯罪の罪でこの人物に終身刑を言い渡したと説明した。

このほかにも金氏は、中国共産党中央委員会の委員だった人物や、
台湾や英国などが絡むスパイ事件を紹介している。

この動画についてCNNは
中国外務省、国防省、国防大学にコメントを求めたが、
30日現在、返答は得られていない。
動画は同日午後までに中国の主要サイトからは削除されたものの、
中国以外のサイトには引き続き掲載されている。


http://www.cnn.co.jp/world/30003836.html


関連記事
NEXT Entry
竹島亡国の韓国、反原発亡国の日本
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。