HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:軍事  »  ワリヤーグは原子力空母に改装か、米軍しのぐ電磁式カタパルトも―中国
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在、中国・大連港に停泊中の空母ワリヤーグが、
中国初の原子力空母に改装される見通しであることが分かった。
ワリヤーグは「旅順号」と命名されるという。
また、通常動力型の国産空母2隻が、早ければ2014年と2015年に進水、
それぞれ1年後に任務に就くことも計画されている。
香港の月刊誌・鏡報などが伝えた。

鏡報9月号のカバーストーリで取り上げられた、
中国の軍事関連著述が多い梁天仞氏の署名入り文章によると、
中国「海軍艦艇命名条例」では、
空母の命名は中央軍事委員会主席が行うと規定されており、
ワリヤーグは「遼寧―旅順号(略称:旅順号)」と
命名される可能性が高いという。
中国には「旅順艦」という名の護衛艦があったが、
昨年「洛陽艦」に改名された。

梁氏の文章によると、中国政府は、
ワリヤーグ改造を決定するより前に、4隻の空母建造計画を承認していた。
このうち通常動力型空母2隻は、早ければ2014年と2015年に進水、
それぞれ1年後に任務に就く計画。
7万トン級ワリヤーグは、原子力空母に改装され、
最新鋭の電磁気式カタパルト(空母から航空機を射出するための機械)
が搭載される模様だ。

原子力から生み出される大量の電力を
電磁式カタパルトに利用する中国空母の技術は、
米国のコア技術レベルを上回るものであることから、
中国の専門家と軍はこぞって、この計画を強く支持している。


http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0830&f=politics_0830_001.shtml


関連記事
NEXT Entry
日本企業が中国での生産から相次いで撤退する動き=中国メディア
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。