HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:韓国・北朝鮮  »  朝鮮総連系韓国籍者の選挙権制限を検討へ、韓国選管
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国の中央選挙管理委員会関係者は28日、
聯合ニュースの取材に対し、
北朝鮮が韓国の選挙に介入することを防ぐため、
韓国籍を取得した在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)関係者らの
選挙権を制限する方向で検討を進めていると明らかにした。

国外に住む韓国人の選挙権をめぐっては、
関連法の改正案が2009年に国会で成立。
韓国の査証を取得するなど、
一定の条件を満たした在外国民が在外選挙人の申請をすれば、
来年の総選挙から選挙権を行使できるようになった。

同関係者は「朝鮮総連など北朝鮮体制に賛成する人は
憲法で定めている自由民主主義の秩序に合わない側面がある」と指摘。
選挙権を制限する方向で、外交通商部や法務部など、
関係官庁と協議する方針を示した。

中央選挙管理委員会が
北朝鮮寄りの在外国民の選挙権の制限を検討しているのは、
北朝鮮が朝鮮総連などの団体を通じ、
韓国の選挙に影響を与える可能性が高いとの懸念が高まっているためだ。

来年の総選挙で投票権を行使できる朝鮮総連関係者は
約5万人に達するとされる。
さらに、朝鮮総連に所属する在日朝鮮人でも
韓国籍を取得する場合、選挙権を行使できるようになる。


http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2011/08/28/0200000000AJP20110828001300882.HTML


関連記事
NEXT Entry
台湾・年号の表記不統一 「和暦なければ教育現場が混乱」
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。