HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト【論評】幸福実現党  »  幸福実現党とシンクタンク その3
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回と前々回の続きです。
幸福実現党とシンクタンク その1
幸福実現党とシンクタンク その2


では、シンクタンクを作るに当たって
どういう人材をここに集めればいいのか?

一口に政治家といっても様々なタイプがあります。

バリバリと政策を実行する能力を持った人もいれば
一歩引いた感じで軍師的立場から
政策・政略を提言する参謀タイプの人もいます。

実現党も多様な人材を抱えているのでしょうが
その中でも参謀タイプの人を
シンクタンクにおいておけばいいでしょう。

正直、参謀・軍師タイプの人を
選挙の第一線で消耗させるのは
時間とエネルギーの無駄であるように感じます。
そこらへんは適材適所・分業体制でやればいいと思います。


まあ、今の状況から見て
国政選挙にて幸福実現党から大量の当選者を出して
政治に多大な影響を与えるのは
まだ数年後から十数年先のことだと思います。

この間は党の人達にとってはつらい時期ではありますが
逆に考えるならば「天から与えられた時」でもあります。

振り返ってみると、09年の立党時に実現党は
衆院選挙にて大敗北を喫したわけですが
仮にもしあの時、大量に当選して政権でも取ったとしたら
申し訳ないのですが、私は日本はけっこう混乱したと思います。

というのは、実現党の人達は
それぞれ資質において良いものを持っており、
かつ、心も純粋な方が多いのでしょうが
いかんせん、あの段階では政治に関して経験が無さ過ぎでした。
支持者の私から見ても見識や知識もまだまだ足りなかったと思います。

これからの数年は天から与えられた時だと思って
内に力を蓄える時だと思って
知識・見識を積み重ねていけばいいと思います。

数ヶ月前に某首相が「今までは仮免だったので」などと
愚にも付かない発言をして国民を呆れさせましたが
政治家に求められるのはあくまで即戦力です。
「実際にやってみて経験を積んで」なんて言い方は通用しません。

自民党の議員などにしても、
政界は一寸先が闇ですから
いつ政変なり選挙なりが起きて
明日にでも自分たちに政権が回ってくる可能性が常にあるわけで
その意味で彼らには緊張感があります。
常在戦場の緊張感ですね。

実現党の皆さんも、明日に政権を任されたとしても
それこそ余裕しゃくしゃくで政治運営に当たれるように、
その日まで内に多くのものを蓄えておいてほしいと思います。

その一環としても、
そして政権を取った後の政治運営に生かす意味でも
頭脳集団としてシンクタンクを創設してほしいと思います。


とまあ、ごちゃごちゃと頭に浮かぶままに書いてきましたが、
最後にまとめておくと
シンクタンクを創設することのメリットは3つです。
(これ、一番最初に書くべきですよね(^_^;))

1,より精緻でレベルの高い政策を提言することにより
  幸福実現党のPRにつながる。

  これは主に知識人層に対してです。
  一般ウケはしないと思います。

2,幸福実現党の「参謀集団」の形成。
  特に政権を取った後の政治運営に寄与。

3,このシンクタンクによる政策提言のレベルが高まれば
  日本だけではなく世界的にも注目され、
  日本と各国の政策に影響を与えることができる。

こういうメリットがございます。



関連記事
NEXT Entry
与那国島に陸自部隊配備へ、南西諸島の防衛強化
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。