HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:中国  »  わが高速鉄道に知的財産権はない 詐称を認める=共産党機関紙
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
追突事故の発生以来、
自主開発と主張する中国高速鉄道の知的財産権問題に対して
常に疑問の声が上がっている。

中国共産党の機関紙である人民日報のウェブサイト・人民網は15日、
「わが国の高速鉄道には
知的財産権を主張できる技術は存在しない」と認め、
今後はより安全性を重視すると主張した。
国際財経日報は同日、
「政府メディアがはじめて詐称を認めた」と報じた。

中国鉄道部の王勇平報道官は7月7日、
中国高速鉄道が新幹線技術の盗用ではないかとの疑問を完全に否定、
中国高速鉄道の安全性と高い性能を示すと同時に、
「中国人が創造した奇跡」として
自主開発による知的財産権を主張していた。

また、鉄道部の何華武チーフエンジニアは、
「線路、車両、通信信号のどこにも何ら問題はない。
万が一の故障の際にもシステムが自動で安全措置をとる」と繰り返していた。

しかし、北京―上海高速鉄道では
開通から5日間で4回も故障が発生したほか、
7月23日には杭州(浙江省)発・福州駅(福建省)行きの高速鉄道で
多くの人命が奪われた追突事故が発生した。

人民網はエンジニアの発言を引用し、
「数年すれば国外の設計を元に、
中国でもボギー・モーター・変圧器などの生産や、
国外の核心部品を使ったコンバーターや
自動制御システムの組み立ては可能になるだろう。
しかし、先頭車両の設計基準・原理・車体を
広くすることのリスクの有無などは分からない。
われわれにできるのは、塗料の塗り方や座席の素材の変更、
室内装飾程度のことだ」だと報じた。

さらに記事は、追突事故は中国の高速鉄道に警鐘を鳴らしただけでなく、
中国政府主導の経済路線における飛躍的発展や
安全技術より市場を優先する戦略の課題を浮き彫りにしたと指摘した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110817-00000026-scn-cn


関連記事
NEXT Entry
防衛省、無人機開発を本格化 調査費増額要求へ
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。