HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:軍事  »  米ロッキード社、次世代ステルスF35工場を公開=日本に組み立てラインを
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本の次期主力戦闘機(FX)の年内決定に向け、
選定作業が注目を集める中、米ロッキード・マーチン社が15日、
FX候補機に挙がる次世代ステルス戦闘機F35の生産工場を
日本メディアに公開した。

同社航空機開発部門のジョージ・スタンドリッジ副社長は、
2016年に完全な戦闘能力を備えたF35を日本に引き渡せると述べ、
FXの納入条件を満たせると強調した。
 
公開されたのは、
レーダーに探知されにくいステルス戦闘機F22やF35を生産する、
フォートワース工場(テキサス州、従業員約1万5000人)。

F35開発に参加する9カ国の国旗が掲げられた工場内では、
英国やオーストラリアなどの参加国が分担した、
機体の各パーツが集約され、生産ライン上で組み立てられていた。
 
レーダー反射を抑える滑らかな機体を製造するため、
機体外板の穿孔(せんこう)作業は90%自動化。
レーザー光線を使って胴体と翼などの結合部に誤差がないか、
確認しながら作業を進めていた。
 
ロッキード社はF35の組み立てラインを
日本メーカーと共同で日本に設けることを提案。
スタンドリッジ副社長は
航空自衛隊F2戦闘機を三菱重工業と共同生産した実績を強調し、
「日本がF35を選択すれば、ステルス機の生産工程を通じて、
日本の航空宇宙産業を発展させることにつながる」と述べた。

同社は16年には計100機を超えるF35を
開発参加国などに引き渡せる予定だとしている。


http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011081600095



関連記事
NEXT Entry
韓国人の3割が「中国が南北統一の一端を担う」と認識
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。