HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:日本  »  世論形成 人口の10%がカギ=米研究
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中東で広がった民主化運動は、すばやい情報交流を可能にする、
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が
多大な役割を果たしたと言われている。
しかし、SNSに頼らずとも、同様の意見を持つ人々が
コミュニティー人口の10%を超えれば、
その考えは爆発的に広がっていくという結論が、
アメリカの研究から得られた。

米ニューヨークにある、
社会認知ネットワーク・アカデミック研究センター
(Social Cognitive Networks Academic Research Center)の科学者らは
コンピューターを利用した、マイノリティー(少数派)が
マジョリティー(多数派)に移行する転換点を計算した。

その結果、意見保有者が社会の10%を超えれば、
その考えは急激に拡大し、世論を形成するという。
一方、意見保有者が10%以下の場合は、世論形成にはつながらないと
同センターの理事であるボルズロウ・スジマンスキー氏
(Boleslaw Szymanski)が記者会見で発表した。

「このくらいのグループの意見がマジョリティーに達するには、
宇宙の年齢と同じくらいの時間が必要なはずだが、
一旦、同意見の保有者数が10%を超すと、
その考えは炎のように広がっていく」

同研究は「10%ルール」があてはまる過去の例として、
20世紀初めに起きた婦人参政権運動や市民権運動などを挙げている。
「アメリカの市民権運動は、ちょうどアフリカ系アメリカ人の人口が
全体の10%を超えてすぐの時に起こった」とスジマンスキー氏は語る。

最近のチュニジアやエジプトで起きた民主化運動も例外ではなく、
「それらの国では、数十年間も権力の座についていた指導者が、
数週間で座を追われた」と指摘する。

同氏によれば、意見がどこで起こっても、またどのように広がっても
「10%ルール」に変わりはなく、コミュニティーの形態にも左右されない。
同チームは、この「10%ルール」が
歴史上起こった事件にあてはまるかどうかをさらに研究していくという。

『少数派の影響がもたらす社会的な合意』
(Social consensus through the influence of committed minorities)
と題するこの論文は、先月22日、
ジャーナルPhysical Review E(電子版)で公表された。


http://www.epochtimes.jp/jp/2011/08/html/d84207.html



関連記事
NEXT Entry
韓国経済の対外依存度、金融危機時の水準に迫る
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。