HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:日本  »  「大阪城築城時の作業員の日当は実質3万円」と津本陽氏指摘
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
震災以後の日本はどう針路をとればよいか。
作家・津本陽氏(82)は秀吉時代の大阪城築城作業から学べると語る。


私は16歳の時に勤労動員先の川崎航空機明石工場でB29の爆撃を受け、
従業員400名即死の現場を目の当たりにしている。
今回の震災は、あれ以来の「覚醒」の感覚といいますか、
昨日に続く今日、今日に続く明日という、日常の連続性への信頼を、
良くも悪くもプツンと断ち切られた思いがしました。

だから私は、
それこそ復興だってもっと急ピッチで進むと思っていたんですよ。
それを未だにモタモタしているのが全く理解できないし、
円高にしてもなぜ早急に手を打たないのか、不思議でならないんです。
政府・日銀はあれだけ円を抱え込んで何もしないなら、
いっそ復興資金に30兆でも回したらいい。
それだけで経済は活性化し、日本全体が元気になれば、
被災地の回復も早いというものです。

例えば豊臣秀吉は大坂城築城の際、
棟梁らから見積りを取ろうとする奉行を、
そんなもの要らん、
いくらかかってもいいから言い値でやらせてやれと窘めた。
払ったカネはいずれ自分に戻ってくるとね。

それは一つの真理なんですよ。
そのカネがゆくゆくは誰の懐をどう潤すのか、
中長期的な絵図を描いた上で、
いざ撒く時は世の中を賑わせるように一気に撒く。
子供に1万、2万のカネをチビチビ配ったところで、
毒にも薬にもならずに消えてしまうのは道理で、
それなら円高で搾り取られる中小企業へ回す方が
よっぽど日本中にカネが回ります。

その点、秀吉は木曽から材木を運ぶにも何千という人足を使い、
一人頭の日当を今に換算して1万5000円前後払っている。
しかも当時はカネ自体の値打ちが今よりありましたから、
実質3万円相当の日当を手にした人足の気勢は当然上がり、
仕事が早く進むのはもちろん、その飲み食いで市中にカネが回り、
世の中全体が浮き立ってくるんです。

大阪人が「太閤さん、太閤さん」というのはそういうわけで、
学はなくとも実地で経済を学んだ秀吉は、全て織り込み済みです。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20110811-00000010-pseven-pol


関連記事
NEXT Entry
円、最高値迫る 復興投資が世界を救う
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。