HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:米国  »  米空軍、核ミサイル発射担当将校にキリスト教で聖戦教育
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米空軍が、有事の核ミサイル発射を担う将校向けの訓練の一環として、
キリスト教の「聖戦」論を20年以上にわたり講義してきたことがわかった。
「憲法の政教分離原則に違反する」との指摘を受け、
今年7月末に突然、取りやめていた。

米国と旧ソ連・ロシアの間では、冷戦末期から核軍縮が進展。
核保有の必然性や使用の可能性は薄れてきた。
民主的な議論とは無縁の「神話」によって、
核の道義的な正当化を試み、延命を図ってきたことに、
懸念の声が出ている。

問題の講義をしていたのは、
カリフォルニア州にあるバンデンバーグ空軍基地。
ミサイル発射を担当する空軍の将校は
全員、この基地で核について訓練を受ける。
憂慮した複数の軍人から通報されたNPO、
「軍における信仰の自由財団」が情報公開制度で資料を入手、
問題が明るみに出た。

取材に答えた空軍教育訓練司令部によると、
訓練初期にある倫理の講義を担当する従軍牧師が用いた資料が、
「核の倫理」という項目で、旧約・新約聖書の記述を多数引用していた。


http://www.asahi.com/international/update/0803/TKY201108030650.html

関連記事
NEXT Entry
「市民の党」沖縄でも民主と蜜月 瑞慶覧議員の政治団体設立
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。