HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト情報:軍事  »  純国産次期哨戒機、機体にひび…配備先送りへ
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
防衛省が今年度中の部隊配備を目指して開発している、
次期の哨戒機「P1」の機体から、試験中に複数のひび割れが見つかり、
同省が配備を来年度以降に先送りする方針を固めたことが、分かった。

P1は、現行のP3C哨戒機の
後継機として開発する初の純国産哨戒機で、
新しい防衛計画の大綱で打ち出された「動的防衛力」の柱の一つとなる装備。
中国海軍の動向を監視する役割などを担うが、
配備の先送りは、自衛隊の警戒監視態勢に痛手を与えそうだ。

自衛隊は現在、P3C哨戒機を約90機保有。
日本周辺を毎日飛行し、日本近海で動きが活発化している、
中国やロシアなど他国の潜水艦や水上艦艇の動向を監視している。

P3Cは導入から30年が経過して老朽化してきたことから、
同省は2001年度に後継機としてP1の開発に着手。
川崎重工業が主契約会社となり、日本の主要航空産業が参加している。
航空自衛隊の次期輸送機C2との同時開発で、開発費は計約3450億円。

P1は現在、同省技術研究本部が海自厚木基地などで4機を試験中。
飛行試験に使っている2機と製造中の2機の計4機が、
今年度中に配備される計画だった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110801-00001228-yom-soci



関連記事
NEXT Entry
西村真悟「戦の一字を恐れるな」
NEW Topics
太子党内に党派党争あり
イラン金融機関を国際送金ネットワークから排除へ
中国ジニ係数、0・5を超えて最悪
ベトナム、中国に反撃 南沙諸島の寺院修復、僧侶派遣へ 警備艇も配備
宇宙のインフラ輸出推進 JAXAと連携、衛星売り込み
温家宝首相の最後の会見は爆弾だらけ
対米サイバー攻撃は「中国軍の主力作戦」 米議会報告
核兵器開発を巡って米朝が不可解な合意 北朝鮮の狙いは本当に食糧獲得だけなのか?
米軍後ろ盾、資源開発 フィリピン、強気の南シナ海 中国反発、高まる緊張
NASAネット侵入13件 機密情報の閲覧可能状態、アドレスは中国
RSS:最新ニュース&論評
プロフィール
全記事表示リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR

Page Top
CALENDaR 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。